人気ブログランキング |

ハウステンボス冬物語【ディナー@アドミラル】

最後に行ったのが、7月だったから、アドミラルに入るのは、5ヶ月ぶりということになります。
一人、とても良くしてくれていたスタッフの方が、エリタージュに異動になったとのこと。
ソムリエさんは、変わっていませんでした。

私の食べたのは、おそらくスタンダードのメニューだと思います。

差額を出してでも、
他の方のように、トゥインクルフェアのメニューにしてもらったらよかったな。。。
でも、とてもおいしかったです。

まずは、食前のお楽しみ。たしか、いとよりだったと思う。。。

c0059521_20572766.jpg

お酒を飲むのは私だけだったので(私の連れは小学4年生)、シャンパンのあとは、いきなりグラスで赤ワインをお願いすることにしました。

Romanee Saint Vivant 1993, D.R.C.

 まず、最初に出してくださったのが、午後5時に開けたボトル。開栓してから、2時間。
 色は、きれいな、ガーネット色。ドライフルーツというよりも、秋の森。これが、スー・ポワと言われる香りなのかな。。と言った感じ。キノコや苔、枯れ木、枯れ葉に覆われた湿った土と言った感じ。
 口に含むと本当にまろやか。。。。こんなワインがあるんだ。。と、感激でした。
 
 で、比較してみましょうか。。ということで、開栓したばかりのロマネ・サンヴィヴァンを入れてもらったのですが、同じワインなのに、色は違う。2時間の間にこれだけ変化するんだな。。と言う感じ。やはり、開栓したばかりのワインは、オレンジ色が少ない。。香りもそんなに立ってこない。。温度が低めだったこともあったかもね


c0059521_20574183.jpg


フランス産フレッシュフォアグラとトリュフのテリーヌ・3種の味わいのリンゴ添え
この料理が面白かったかも。。。手前は、フォアグラなんですが、
お皿の向こうに並んでいるのはすべてリンゴ。
左から茶巾詰め、シロップ漬け、生のリンゴ
それぞれ、同じリンゴなのに味も香りも微妙に違っていました。

c0059521_2057568.jpg


子供はフォアグラが食べれないということで、この料理。
これは、オマール海老だそうです。

c0059521_2058761.jpg

で、開栓後3時間くらいのロマネ・サンヴィヴァン。
味も香りも絶頂でした。。
写真はいまいち。。

c0059521_20581635.jpg

で、ソムリエさんが、"舌が元気なうちに"と出して下さった

ラ・ターシュ 1998、 D.R.C.

びっくりしたのは、ラ・ターシュの色。開栓したのは、2時間前との事。。
ヴィンテージは、こちらの方が若いはずなのに色は、明らかに橙色が強い。
ロマネ・サンヴィヴァンのほうが、色だけを見ると若い。
ラ・ターシュの作り方か、テロワールからの特徴か。。
ラ・ターシュは、少しにごっていた(全くclearではなかった)と思うのは、今はやりのビオの作り方を取り入れているのかもしれないね。。。
ビオは、色が変わるのが早いから。。
さすがに、ラ・ターシュは、もう1本開けて。。とは頼めなかった。。。
でも、どちらも本当に素晴らしいワインでした。
酸味も強烈に感じることができて、1本きちんと筋が通っている感じ。。。
いいよね、ピノはね。。
ビロードのような喉越しでしたよ。。。

ビロードのパンツをはいた幼子イエスが喉を滑り降りていく

なんて、詩的な感激が沸いてきました。。ついでに涙も。。本当に涙が出てきた。。
おいしすぎる。。。

c0059521_2058387.jpg

長崎赤鶏のスープ 豆乳のロワイヤル仕立て トリュフ風味
これは、子供も一緒に同じものを食べれました。。キノコをのぞいては。。(^^ゞ

c0059521_20591143.jpg

大村産足赤海老とフレッシュ帆立貝のスモークを包み込んだ五島産トラフグのポワレ ベーコン巻
 これもとてもおいしかった。。。ポテトの突堤に守られた泡だったスープは口の中でプチプチと。。

c0059521_20593132.jpg

これは、どちらもロマネ・サンヴィヴァンです。左側の方が
グラスに入れてから時間がたっているワイン。これだけ色が変わるんですね。左の方がオレンジ色。
c0059521_20594047.jpg

これは、左側がラ・ターシュ。右側がロマネ・サンヴィヴァン。ただし、抜栓したのはラ・ターシュのほうが2時間後です。この二つを比べると、ラ・ターシュのほうが、オレンジ色ですね。。
c0059521_20595345.jpg

そして、いよいよメイン。
特選牛フィレ肉のグリエ 季節の野菜添え 赤ワインソース

おいしかったよ。。。(^^♪

c0059521_210266.jpg



で、連れ(子供)が、そわそわしているのを見てなぜかと聞くと、花火の時間。。だって。
食事の最中なのに。。と言うと、
スタッフの方が、
構いませんよ。。。花火を見てらしてください。。
食事の続きは、花火の後で。。。ということで、
花火を見に行きました。。。

やっぱりHTBの華ですね。。
レーザーショーも復活してくれたらいいのにね。。。





Commented by mattarinonbe at 2005-12-14 22:28
このコースは何でしょうね?通常メニューに載ってるものではないようです。ツアーとかで通常メニュー以外のものが出される事もあるみたいだから旅行社の関係で出されるメニューかな???何だろ?
オードブルと魚料理はトゥインクルフェアディナーと同じもので、スープはプレジール(ヘルシーメニュー)のもの。メインはベルビューコースのものと同じのようですね。
Commented by jirou at 2005-12-14 23:36 x
おいしそう…ワインもメインの牛フィレも。
ベイシェラトン以来、ゆっくり時間をかけて飲むようなワインを飲んでません(涙)
Commented by 沙羅陀曼 at 2005-12-15 07:07 x
ホテルにチェックインしてから デ アドミラル に連絡したら,満員御礼!
ということで,ルームサービスにしましたが,多分,同じステーキだと思いますが,最高でしたね!
Commented by senri at 2005-12-15 09:16 x
いつも思うねんけど、ええなぁ。食べたいなぁ。
そして、これだけ飲んだらナンボ程かかるねん?って(笑)
まったく貧乏性でお恥ずかしいです。

年明けに大阪でこんな美味しそうな催しがあるそうです。
http://www.kouzu.or.jp/new.html
京都もええけど、たまには大阪もいかがでしょう。
Commented by PICARLE at 2005-12-15 12:41 x
グラスでラ・ターシュとサン・ヴィヴァンですかあ。それはすごいなあ。
しかも開栓時間が違えば、一本飲む間に感じられる変化も体感できるわけですから、贅沢ですねえ。
こういうのを読むとDRCを開けたくなって来ました。う~ん、目の毒かも^^;
Commented by ふくちゃん at 2005-12-15 22:49 x
mattarinonbe様:そうなんですか。。そんなに変わったコースなんですか。。トゥインクルフェアのコースとは違うな。。とは思っていたのですが、、今度聞いてきます。
jirouさん:是非、HTBに行ってください。おいしいワインとおいしい食事が食べられますよ。。。前に福岡に行ったっておっしゃってたじゃないですか。福岡から少しだけ足を伸ばしてください。。
サラダマンさん:あの日は、アドミは確かに大変だったようです。最初、私は6時にティサロンパレスに行くと言ったら、アドミの予約は9時になると言われましたから。。。ホテルヨーロッパも満室とおっしゃっておられましたよ。
senriさん:いかにも大阪らしい?イベントですね。私的には、落語にとても興味があります。ホテルの屋台は。。。どうかな。。。。
picarleさん:これは、HTBのイベントのひとつで12月に限って行われているものです。いつもいつもグラスでラ・ターシュとサン・ヴィヴァンが飲めるわけではありませんよ。でも、本当においしかったです。
Commented by yasu at 2005-12-20 13:41 x
( ´_ゝ`)ノボンジュール♪
すごいわウィンたちですね!
Commented by ふくちゃん at 2005-12-20 21:20 x
yasuさん:そうでしょ?すごいワインですよね。これがグラスでお願いできるんだから。。。とっても幸せな時間でしたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by dfamb400 | 2005-12-14 21:00 | ハウステンボス | Comments(8)

ハウステンボス、すばらしいところです。是非一度はいらしてください。


by dfamb400