人気ブログランキング |

ハウステンボス、すばらしいところです。是非一度はいらしてください。


by dfamb400
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

三連風車


ハウステンボスの全景を見るにはやはり高いところから見るのが最善です。最近ならヘリコプターから見たり、観覧車から見ることができますが、以前はもっとのどかな乗り物がありました。ルフティバルーンと言って、気球です。いかにもハウステンボスらしい乗り物で、少し風が吹くと運休してしまう物でしたが、ゆっくりと上に上がって、ゆっくりと降りてくるそれはそれはのどかな乗り物。そこからの写真です。上が北、下が南になっています。


2004年1月1日撮影

c0059521_7154989.jpg

この写真で左上に見えるナイアンローデ城を抜けると真ん中の島にやってきます。ここはキンデルダイク。空からでも3連風車が見えますね。3つ、縦に並んだ風車。この風車達、みんな南を向いて回っていますね。真ん中の風車はミュージアムモーレンとして内部が公開されています。


2005年3月20日撮影

c0059521_716662.jpg

2010年8月29日撮影

c0059521_7162942.jpg

この大きな風車は水をくみ上げるための物です。周知のようにオランダは海抜0メートル以下の所がたくさんあり、干拓で作られた国です。

世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った

という、有名な言葉があります。その通りなんですね。ちなみに、話はそれますが、フランス、ボルドー地方。あそこも干拓されたところが多くあり、その干拓にはオランダの技術者がたくさん動員されていたのはよく知られています。最近ではシャトーマルゴー、荒廃していたシャトーを立て直したのはオランダ人の力が大きいのですよ。
で、この3連風車。オランダの地でそうであったようにそれぞれ名前が付いています。南(写真で言えば下)から、『ワケル(WAKER)』『ドローマル(DROMER)』『スラペル(SLAPER)』です。
日本語にすれば、極端な話、
働き者、ウトウトしている者、寝ている者
ぐらいかな。。。一番南の風車が頑張って働いて次の風車はうつらうつら、、一番北側の風車は
完全に眠ってるんじゃないの。。

って感じですが。



c0059521_7505990.jpg


余談ですが、ワッセナー、キンデルダイクから見える一番左手(北側)の建物には屋根に小さな風車が付いています。写真を探したのですが、見あたりません。今度行ったら見て下さいね。
この小さな風車はマスタードを引くための風車だそうですよ。

キンデルダイク、そこは田園地帯です。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by dfamb400 | 2012-10-11 07:16 | ハウステンボス | Comments(0)