<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

北野町異人館散策


日曜日に家内と子供二人を連れて、北野町に行ってきました。
家内に聞くと、まだ結婚する前に一度来たことがあると言われたけど、私は覚えておらず。。。
どちらにしても結婚して25年経っているわけですが、一度も来たことはないはず。。。

普通は、三宮の方や、新神戸オリエンタルホテルの西側から北野町に入るんですが、この日は、子供たちに引っ張られて布引(ぬのびき)の山の方から入り、北野町に北側から入りました。
こんな道があるなんて知りませんでした。。(^_^;)
1.2kmほどの山道ですが、いい運動になります。

c0059521_21385454.jpg



うろこの家

c0059521_21392066.jpg



オランダ館

c0059521_21394019.jpg



風見鶏の館

c0059521_2140178.jpg



これは、北野外国人倶楽部の一室ですが、東と南に窓があり、とても気持ちよさそうなお部屋。
こんなお部屋欲しいね。。
と話をしながら。

c0059521_21401589.jpg


異人館めぐりはほぼ初めてのようなかんじでしたが、天気もよかったし、楽しめました。
結局午後2時過ぎまで昼ごはんも食べずに歩き回りましたが。。。。

お昼は。。。

[PR]
by dfamb400 | 2009-03-31 21:50 | 日常

田崎真也のワイントーク&ディナー


お久しぶりです。忙しかったのは忙しかったのですが、何となくブログを書くような気分になれなくて。。。
読んでくださっている方には失礼な話なんですが、いろんな話を聞くので。。。
私の大好きなハウステンボスのスタッフの方のお話、いろいろと聞くと落ち込んでしまってね。

今年の9月にアカデミー・デュ・ヴァンで初めて、スクール独自の認定の資格が始まるとのこと。それに向けてもう一度ワインの勉強もしてみたいし。。。前と違って、気持ちにゆとりがあるから楽しみながらワインの勉強をしたいと思っています。前のワインエキスパートの試験の時の様に毎日ワインを飲むのはやめて、飲みたいときに飲む。それ以外は無理しないと決めました。楽しく飲みたいから。。。楽しく飲みながら勉強して行きたいと思っています。

ハウステンボスのこと、スタッフのこと、ハウステンボスの施設のこと、ホテルのこと、お料理のこと、いろいろと心配なこともたくさんあります。でも、結局、お客さんがたくさん来て下さればすべて解決します。なので、ここでは私はネガティブなことは一切書きません。どうぞ、ハウステンボス、大きな一つのホテルとして長い目で見てください。


さて、3月26日にホテル・ラ・スイート神戸ハーバーランドで、

田崎真也のワイントーク&ディナー

というイベントがあり、家内と二人で参加してきました。田崎真也さん、私、大好きなんですが、お会いするのは初めて。本当に楽しみにしていました。

桜の色に合わせたジャケットを身に着けていろいろとお話をしてくださいました。
本当にエンターテイナーです。

c0059521_23252051.jpg


もちろん、お料理を担当したのは元ハウステンボス料理長の鎌田シェフ。
鎌田シェフ、紹介のときに、ハウステンボスの料理長と言う紹介が出てきてとてもうれしかった。。
お料理、とてもおいしかったです。今回はお料理の写真はなし。。。
撮らなかったわけではないですよ。

c0059521_23253745.jpg


田崎ソムリエのワイン、6つのお皿に一つずつワインを合わせてくださいました。正確には6つの料理に7つのワイン。それにアペリティフと2種類のコニャックが出てきました。全部で10種類。


c0059521_23441095.jpg



どれもこれも本当においしいワイン。でも、私が一番感激したワイン。

Cuvee TASAKI Special Reserve 2006

c0059521_23255137.jpg


このワイン、色はやや黒味がかった紫。とてもスパイシーで後味に少し甘みが残りますが、タンニンはそんなに強くもなく、アルコールもそれほどは感じません。このワインだけが、一体何からできているワインかがわからなかったので勝手にブラインド状態だったのですが、、、、私はシラーだと思いました。ローヌにしたら少し甘みが残るのですが、ニューワールドのシラーにしてはちょっと色が薄いかな。。。ラングドックあたりのヴァンドペイのシラーかと思ったのに。。。


このワイン、ラベルもないそうです。田崎真也さんが作られたワイン。このような会のときのみ出しているそうです。年間一樽しか作らないって。。。
一度オークションに出したとき
6本で11万円の値が付いたそうです。
で、次の年には
3本で22万円の値が付いたって。。。
これは売れるかなとその次の年には3本で5万円になってしまったという落ち。

何とこのワイン、日本のワインです。田崎真也さんと言えば日本ワインの第一人者でもあるのに、全く日本のワインとは思わなかった。。。ものすごい凝縮感なんです。
聞けば、
十分に完熟させたぶどうを
セニエで果汁を抜き取ってさらに濃縮してワインに作り上げているそうです。
ぶどうは、マスカットベリーAだって、、、もちろん、岩の原葡萄園でつくられたものです。

マスカットベリーAのワイン、私も今まで何度か頂いたことはありますがとてもこんなワインではなかった。。
どちらかと言うとスパイスと言うよりも果実味一杯の甘みが中心となったぐい飲みのワインかと思っていました。こんなマスカットベリーAなら世界に認められるかも。。。
田崎さんの底力を感じました。

本当にすばらしいワイン会。
いつか又参加したいものです。


[PR]
by dfamb400 | 2009-03-30 23:26 | お食事

カ・セント


この日曜日は、家内が、義理の母と二人でお相撲を見に行ったので、子供たち二人を連れて晩御飯に、以前紹介したカ・セントに。

ここ、本当にわかりにくいです。ひょうご共済会館の北側にあるのですが、すぐ西の縦筋からは見えません。縦筋を東に入ってやっと見えます。ひょうご共済会館の横を30分さまよっておられた方もおられました。(笑)


メニューに印刷されていたロゴ。

c0059521_22164739.jpg




そして、同じくメニューに書かれていた、福本シェフの一言。モダンスパニッシュと思っていたのですが、考えてみれば兵庫県の地元の食材もお料理の中にふんだんに出てきます。

c0059521_22171838.jpg



この日頂いたお食事のメニュー。盛りだくさんです。どれもこれも本当においしかったです。福本シェフ、彼にお料理を評して生け花の様とおっしゃった方がおられましたが、本当にその通りだと思います。大きなお皿にお料理を生けて出してくださいます。食べるのがもったいないくらいきれいで、しかも食べるとおいしい。。。

c0059521_22173127.jpg


落ち着いた店内。

c0059521_22181424.jpg



c0059521_22182553.jpg



c0059521_22183911.jpg



c0059521_2219381.jpg


御腹一杯食べて、ワインも一杯飲んで満足して帰途に着きました。

[PR]
by dfamb400 | 2009-03-22 16:33 | お食事

ワインサロン@Kitchen Communication


昨日は、キッチン・コミュニケーションで、ワインサロンという催しがあり、参加してきました。いろんな都合で参加できないことも多く、久しぶりの参加となりました。

キッチン・コミュニケーション

この日は、ローヌのワインがテーマ。
実は、この日の朝までロワールと思い込んでいました。ローヌは正直、あんまり好んで飲むワインではありませんでした。とってもパワーがあって、スパイシーで、太陽のワインとも評されるワイン、でも、この日のワインたち、とてもおいしかった。パワーもあったしスパイシーだったのですが、飲みやすくつくられていました。この日のワイン、ほとんどビオディナミのワインだったようですが、以前のビオほど独特の香りはなかったようです。ビオも日々進化していると実感できました。これからのビオはビオであることは当たり前にしておいしいワインを造ってこそのビオでしょう。。

c0059521_102830100.jpg


そして鎌倉先生のおいしいお料理の数々。

c0059521_10284948.jpg



c0059521_1029579.jpg



c0059521_10291939.jpg



c0059521_10293285.jpg


これ以上入らないと言うほど頂きました。そして言いたい放題勝手な話をして、、、
お酒に酔っ払うと話が極端になってしまって。。。
いろいろとお聞き苦しいこともあったと思いますが酔っ払いのたわごとと言うことで。。

【おまけ】
以前、こちらであけた1984年の登美。日本のワイン、しっかりしたタンニンがあり、すばらしいワインでした。

c0059521_10295834.jpg




[PR]
by dfamb400 | 2009-03-22 10:29 | お食事

パティシエ エス コヤマ


今日は、食事の後で、関西でも指折りの人気店パティシエ エス コヤマのプリンを食べました。

エス コヤマ


c0059521_21163430.jpg


以前にも記事にしたと思いますが、エス・コヤマのパティシエは小山 進(こやま すすむ)さんといって、以前は”洋菓子のハイジ”に勤められておられた方です。確か、お父さんが和菓子屋さんじゃなかったかな。。。
TVチャンピョンという番組でパティシエ部門優勝されたという実績をお持ちの方です。

この方のつくられるケーキ、確かにすばらしくおいしいのですが、それにもまして販売も上手な気がします。決して背伸びせずに順調に人気を伸ばしておられます。

このプリン、今週の月曜日に長男が2時間半並んで買ってきてくれたものです。普通にはなかなか手に入らない幻のプリンです。平日に2時間半並ぶってすごいですよね。ちなみに長男は
もう二度と買いに行かない。。
って言っていたようですが。。。。(^_^;)
私が以前買いに行ったときも1時間半くらい並んだと思うよ。。
今回はそれ以上でしたね。

ご苦労様でした。
でも、
期待以上においしいプリンでした。
有難うね。

[PR]
by dfamb400 | 2009-03-18 21:23 | 日常

鉄板焼 さざんか


春休みを前に長男が信州から帰ってきてくれたので、みんな(主に私。。)が大好きなお肉(私は脂だけでもよかったりして。。)を食べに行きました。
ホテルオークラ神戸 鉄板焼さざんか

この日は鹿児島県フードフェアを行っていました。鹿児島と言えば、あのムッシュのふるさとですね。。。
で、黒豚かと思ったら、お肉も有名だそうです。ぶりや金目鯛も頂きましたが、何と言ってもお肉でしょ。

c0059521_21523110.jpg


で、お肉と言えばワイン。
この日は、ポンテカネのセカンドを頂きました。
ボルドーなのに、それほど重くもなく、ヴィンテージも1999年でセカンドと言うこともあってかとても飲みやすいワインでした。

c0059521_21525363.jpg


次男は、大学のクラブの新入生勧誘で参加できなかったけれど、長男を入れて家族でわいわいと楽しかった。。

[PR]
by dfamb400 | 2009-03-17 22:05 | お食事

初恋の人からの手紙


初恋の人からの手紙というサイトが話題になっているそうです。
やってみました。。。

結果

です。

分析結果って、むっちゃ当たっているような気がする。。。
これは、、、(^_^;)
^_^;


そんなに相手に強制しているつもりもないけどな。。。
初恋っていつだろうね。
小学校に入ったときから好きな娘は必ず一人はいたような気がする。
おませさんだったんでしょう。

近くに住んでいた彼女はもう引っ越していないけど、
結婚するんだ。。
と相手のご両親にも言っていたらしい。(笑)

ま、8歳くらいのときの話ですが。。。

今と菜ってはいい思い出。

会ってみたい様な気もするし、会いたくない様な気もするし。。。

[PR]
by dfamb400 | 2009-03-16 22:55 | 日常

ハウステンボスに行こう (*^_^*)


さて、ハウステンボスへ行こうキャンペーンをしてきましたが、
現在のところ、チューリップ祭り、
ハウステンボスで行われておりますが、
非常に多くの方に来ていただいているようです。
本当にうれしい事です。
ということで、一区切りつけたいと思います。
折に触れてハウステンボスのことはアップしていこうと思います。

c0059521_2201992.jpg


現在は日本人の方、それも地元の方が結構来て下さっているという印象を持っています。
結局、地元の方に愛されないとハウステンボスというリゾートは成り立たないと思っています。
地元の方も精一杯応援してくださっています。
もちろん、私たち遠方組もできる限り声援するつもりです。

c0059521_2203585.jpg


ですので、ハウステンボスを運営してくださっている企業の方には是非、地元の方を大事にするようなリゾート、遠方組の方の動機付けになるようなリゾートを進めていって欲しいと思います。

c0059521_2205185.jpg


何度も言いますが、ハウステンボスは決して遊園地ではありません。
いろいろな施設を全部回ってはいおしまいと言う施設ではないのです。
たまたまコメントを下さった方が書いてくださっていたように、

立っていた足元のレンガが温かいのに気づいた。。。

こんなことを小さな発見として喜べるようなリゾートなんです。
決して東の東京ディズニーランド、西のハウステンボスではありません。
全く違うリゾートなのでそもそも同じ土俵には乗っていません。
ハウステンボスでゆっくりして、ディズニーランドで思い切り遊ぶ。
そんな風に全く毛色の違うリゾートです。

c0059521_2211364.jpg


それを、ハウステンボスを日帰りで、あるいは、修学旅行の数時間によっただけで
あそこは2回は行かなくてもいい
という結論を出さないで欲しい。。。
是非、何もしないで広い園内をゆっくり歩いてみてください。それがハウステンボスの一番の楽しみ方じゃないかと思います。

[PR]
by dfamb400 | 2009-03-12 22:18 | ハウステンボス

ハウステンボスに行こう (*^_^*)


今回はHTBの道路に使われているレンガを紹介します。ハウステンボスの舗装面積は約12haあるそうですが、そのほとんどがレンガと自然石で行われています。一部、消防法の関係でガソリンスタンドの周辺は通常の舗装となっています。では、なぜ手間のかかるレンガが使われているのか。。そこにもハウステンボスの思想がこめられています。

これは、天から降ってきた雨を地中にできるだけ吸い込ませることにより、自然の循環を大切にしようという考えです。コスト的にはかなりしんどいと聞いています。でも、これがHTBのテーマであり、絶対に譲ってはいけないところだと思います。

最近は浸水性の舗装も開発されてきていますが、基本的に舗装道路というのは水をはじきます。なので、年間降水量がたとえ1800mmあっても舗装の行われている街中ではそのお90%以上は降った雨はそのまま下水に流れてしまいます。これは、地面にとっては年間降水量180mmの砂漠と同じという事になります。
そのために地中に住んでいる虫たちや微生物も死に絶えてしまいます。アスファルトをはがした後の土から腐敗臭が立ち上っているという事はしばしばありますよね。

で、考えとしては素晴らしいのですが、正直歩きにくいのは確かです。特に女性の方はハイヒールはかなりしんどいと聞いています。
 ですから、HTBに来られるときには、できるだけ歩きやすい靴を持ってこられた方がいいと思います。

c0059521_20334884.jpgよくご存知の、ホテルヨーロッパ前オレンジ広場です。白のレンガと、普通のレンガで、星の模様が描かれています。こちらから、夜の花火が一番よく見えます。
一番歩きやすい感じです。




c0059521_2034529.jpgこれは、レンブラント通りです。左側にホテルデンハーグ(暗いですが)が見え、右手をまっすぐ行くとパレスハウステンボスになります。この道は断面が正方形の石で舗装されています。石と石の間は当然、土です。
 この道は、パレスに続いており、馬車がしばしば通ります。また、ホテル間のバスも通るので、丈夫な石が使われています。
 歩きにくいけど。。




c0059521_2034245.jpgこれは、パレスハウステンボス後庭の階段。れんがとレンガの間のコケがよく見えます。
ところどころ小さな草も石の間から生えています。




c0059521_2035643.jpgここは、ホテルアムステルダムの裏の散歩道。この道の左側はヨットハーバー。右側がホテルアムステルダムです。
 この道は人しか通らないのになぜ、石なんでしょう。レンガの方が歩きやすいのに。。
この道はあまり人が通る道ではないので、レンガだとすぐに真っ黒になってしまって汚くなるからかな。。




c0059521_20352780.jpgこれは、フォレストヴィラの橋ですね。人が歩く道ですので、レンガが細かく組み合わせて造られています。




c0059521_20355134.jpgこれは、大村湾沿いの道からパレス前庭へと上がる道。
ここもレンガで造られています。




c0059521_20361137.jpg広場と道のアクセントをつけて、人の導線を作る意味もあると思いますが、違う色のレンガを組み合わせて舗装されています。
スパーケンブルグです。




c0059521_20362831.jpg写真では見にくいですが、真ん中は車が通るので意思で舗装し、その両脇にレンガで人の通る道を造っています。
 車道と歩道の境目には、以前紹介した、レンガをずらして作った排水溝があります。
車道と歩道の間の段差はレンガ1つの厚みくらいかな。。
横断歩道も見えますね。




HTBの舗装は、エコノミーというところから考えると、決して効率的なものとは思えないでしょうが、

オランダの街の雰囲気と歩行の柔かさが味わえる事

道を補修する際、レンガを再利用できる事
舗装は、はがした後はすべて廃棄になりますね。レンガは、街のストックという考え方があるそうです。レンガを焼いて道路に敷き詰めてストックしておく。で、道が傷んできたら道を修理して同じレンガを又敷き詰める。レンガが使えなくなるまで使い切ろうという考え方です。

レンガや石のピースの組み合わせによって出来上がる舗装パターンの面白さをねらった事
広場などではレンガで書かれた模様によって神聖さや荘厳さを表現される事もあるそうです。

ペンキなどを使わずに、歩道と車道を区別できる点
これは、最近電車などでも、床の模様を工夫する事によって、座席に座っている人が足を投げ出さないようにしています。HTBでしばしば見る横断歩道は、赤いレンガと白いレンガで作られています。(ペンキなどは使用されていません)

ちなみにレンガは、
オランダ製 201×46×89 赤・茶・黄
日本製   215×65×45 赤・茶
です。



[PR]
by dfamb400 | 2009-03-11 08:05 | ハウステンボス

ハウステンボスに行こう (*^_^*)



再びリバイバルです。

今のHTBに、運河があって、そこを可愛らしいクルーザーが移動している光景はまったく当たり前の光景です。
 ところが、この当たり前の光景を作ったのは、元オランダ村社長 神近義邦氏の強いリーダーシップによるものです。

 ハウステンボスの挑戦(神近義邦)によると、
 まっ平らの土地にわざわざ運河を掘って、水を引き込まなくても、水と触れ合う場所が欲しければ、大きな池を作り、噴水を作り、庭園を造った方がはるかに経済的で効率的であるという話がHTB計画段階では、一般的でした。
 わざわざ運河を掘ることにより、橋を何本も架け、水門を開閉するのは、イニシャルコスト・ランニングコストも増大し、あげくのはてに土地面積の3割が水中に没することになると言われたそうです。でも、神近氏は、6000mの運河が街の中を流れ、12000mの土地が水に接することの大切さを説き、現在の素晴らしいHTBが生まれたのです。


c0059521_21213747.jpg入出国口にあるカナルステーション。
カナルクルーザーは、HTB内の移動手段として、ユトレヒトのカナルステーションと結んでいます。





c0059521_21215614.jpg風車と運河は本当によく似合うでしょ。
これが池と噴水ではちょっとね、、、




c0059521_2122156.jpgワッセナーです。
以前にも紹介しましたが、HTBは、もともと日帰りの人を楽しませるための施設ではありません。
中長期滞在者のための施設です。そのため、当初から、一戸建て住宅を建設し、定住者を増やすことを考えていました。ワッセナーの各住居の前は運河に面しています。ほとんどの住居の前からクルーザーに乗ってそのまま大村湾に出て行くことができます。
このような施設は日本では他にあるのかな。。
実際は、別荘として使用されているところが多く、夜間などはかなり暗いようですが。。
他に、丘の上に、ハウステンボスヒルズと名づけられた、分譲マンションがあります。こちらでは、(カナルクルーザーの案内によると)すでにここで生まれて、佐世保市ハウステンボス町に本籍を持つ子供さんがおられるようです。




c0059521_2122319.jpg運河を気持ちよさそうに泳ぐ白鳥の親子。
この運河の中では、運河の水の環境を保つために牡蠣の養殖が行われているそうです。
他に、いろいろな魚が生息しています。
HTBでは蚊の天敵であるトンボなども多く生息しており、このため、夏、外を歩いていても蚊に刺されることはほとんどありません。蚊の幼虫が生息するための水溜りがHTBにはほとんどないことも一因です。
 これは、HTBの自然環境が優れていることを示していることの一つだと思います。以上はほとんどが某掲示板での情報の受け売りです。
 





c0059521_21224976.jpg運河と地面との間にはコンクリートはありません。すべてこのように石積みです。これはにより、石の間にいろいろな生物が生息することにより、運河の水質を含め、自然環境によいという判断です。
 ”水際は、その浅い水深によって太陽光線と酸素の供給に恵まれ、豊富な生物社会を形成する。”と書かれています。
 運河の横断面は上底の長い、台形をしていますが、運河の底には、溝が掘ってあります。某掲示板のKさん(伝説の人です)の記載によると、運河にたまった泥やごみはこの溝にたまっていくため、ここをさらえると運河をいつまでもきれいな状態に保つことができると言うことです。

 
HTBでは、地面に比べて運河の水面は2.5m低くなっています。これは、理由があるんですよ。
 HTBの運河を流れている水は、海水です。(このため、蚊の発生が抑えられているんですね。)このため、海水によって樹木の根が腐ってしまわないように、これだけの高さを地面との間に取ったそうです。運河の壁をコンクリートで固めてしまえばこんな心配はしなくてもよかったのに、あえてそれは行わなかったと言うことです。
 一応100年は大丈夫と言うことですが、100年たったらどうなるんでしょうね。目に見えないところでコンクリートで固めて、上から自然の石を積むといった事だけはしてほしくありません。

でも、こんなことばかりしているから赤字なんですよ。素晴らしいことなんだけど。。

赤字赤字とあまり言って欲しくない。この街はパイロットシティなのだから。。


HTBの完成した時は、バブルのはじける寸前だったのが、ある意味幸運だったと思います。バブルと、神近さんの強い意志がなければ絶対に完成しなかったプロジェクトですから。
 
神近さんのいない今、HTBが、神近さんの理想から離れていかないように、口うるさく文句を言うのは、私たち利用者の責任かも。。。
 





[PR]
by dfamb400 | 2009-03-09 23:12 | ハウステンボス


ハウステンボス、すばらしいところです。是非一度はいらしてください。


by dfamb400

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

お気に入りブログ

■ハウステンボス&毎日が...
Happy Hour
ハウステンボス飲食店がい...
Still
ありがちな黒猫日記
my sweet day...
おいしい~Photo D...
J.S.A関西支部幹事達...
casa familia...
超お気楽ワインラヴァーの...
我が家のにゃんこ
美味しいwineを求めて
wine party
ハウステンボスに咲く花
ハウステンボス行きたいな
Les Couleurs...
夢に向かって

【お気に入り】

二番手捕手のつれづれ野球日記
長男のHP

あんち・クールビズ
次男のブログ

ハウステンボスーオフィシャルwebsiteへようこそ
HTB オフィシャルホームページ

Always Smile
伊達公子オフィシャルブログ

Ca sento です。
Ca sento のブログ


長崎新聞
長崎新聞

西日本新聞
西日本新聞

chibaのHTB旅行記
chibapeanutsさんのブログ

素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え
mattariさんのブログ

on my way home
sayuriさんのブログ


徒然ハウステンボス草紙
daydreamerさんのブログ

ちこがこのお散歩日記
ちこがこさんのブログ


ハウステンボスって、ええやんか!
SENRIさんのブログ

わらうかどには♪きたる
にょろさんのブログ


ハウステンボス紀行
ボヘミアンさんのブログ

おいしい楽しいハウステンボス
Guraさんのブログ

ハウステンボス雑感
mattariさんのHTB


なんちゃってセレブのハウステンボス日記
てんの妻さんのブログ

ハウステンボスにいってきました!!
urourositeruyo99さんのブログ

HALIcinatory Days
ハウステンボススタッフによるブログ

Suitable Life
toyさんによるブログ

いろんなこと
マーチさんによるブログ

とりあえず。
せつこさんによるブログ

くまさんの自立
くまさんのブログ


マッキーの雑記帳
マッキーさんによるブログ

瀬戸際の暇人
びょりさんのブログ

ぼくときみ
HTB元スタッフの方のブログ

みー&まーのポチポチ日記
みーさんのブログ

一竿風月
Stillさんのブログ

ワインの時間
まさぞうさんのブログ

Flower Gaeden Blog
nozomiさんのブログ

Sweets♪yukarin
yukarinさんのブログ

ワインショップいいぬま

ソムリエは見た

ワインの扉


ソムリエとサクソフォーン
ソムリエさんのブログ

ワインショップいいぬま
ゆきおさんのショップ

アル中生活のすすめ
PICARLEさんのブログ

ワイングロッサリードットコム





カマッチョママのワインエキスパートチャレンジ日記
カマッチョママさんのブログ

カッパのワイン&映画!!
Mr.Mさんのブログ


kamaccho・mama 日々の暮らしに感謝して
カマッチョママさんのHP


●ワインとピアノのある部屋
Georges さんのブログ

Georgesのワイン選び
Georges さんのブログ



食べるために生きているかも?日記
WG西村さんの日記

まさきこ ドットコム
WG西村さんのHP

Wine Grocery
四条堀川のワインショップ

Diary
MoetさんのDiary

フランス料理ポータルサイト
シェフによるフランス料理の紹介

ワイン日記
日々のワインのことなど

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ハウステンボス大好き!!
ルーキーさんのHTB掲示板

ハウステンボスに詳しい方いますか?
 Yahoo HTB掲示板

女子十二楽坊ブログ
女子十二楽坊ブログ

「さくらんぼ」と私
ceriseさんのブログ


エキサイト・ザ・マンション
マイルーム

ナース同盟

腹黒日記
キノさんの日記

ガーコのやさぐれ日記
キノさんのお姉さんの日記

Callin' you


**サオンヌのマダーム♪な長崎**
サオンヌさんのブログ

Salon de Satomi
管理栄養士☆聡美のサロンへようこそ!

ふゆこの平凡な一日
ふゆこさんのブログ

ハニログ
rie_myさんのブログ


ADVstudent_group
ADV

韓国語イヤギ
oshieteさんのブログ


ふぉとかふぇ
写真

不思議と幸せが舞い降りてくる。
OhashiさんのHP


韓国ドラマNavi


ドラマ韓


さとう珠緒のお暇なら見てよね。
さとう珠緒のブログ

食べログ.com
レストラン・おとりよせ(お取り寄せ)のクチコミ満載、グルメのクチコミサイト

eRobertParker.com
R.Parkerのホームページ

はな*にわ

ハウステンボス大好き!

海に浮かぶ王国
creromaさんのブログ



以前の記事

2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
more...

最新のトラックバック

太陽光発電ソーラーシステム
from 太陽光発電ソーラーシステム
カクテルの創作方法
from カクテルの創作方法
太陽光発電ソーラーシステ..
from 太陽光発電ソーラーシステム情報
ホテル ラ・スイート神戸..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
韓国ドラマ あらすじ
from 韓国ドラマ あらすじ
ワインについて
from ワインについて
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ホテルヨーロッパ(ハウス..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
軍艦島観光ツアー
from 軍艦島観光ツアー
結婚記念日 プレゼント
from 結婚記念日 プレゼント ディナー

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

九州
食べ歩き

画像一覧