<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

チューリップ祭@ハウステンボス


ただ今、当ブログでは、ハウステンボスに行こう絶賛キャンペーン中です。(笑)

c0059521_22443223.jpg


で、
明日からいよいよハウステンボスではチューリップ祭りが始まります。

c0059521_22445684.jpg


 ハウステンボスが一番輝くのはチューリップ祭と光の街の時期。チューリップ祭は春の今の時期、そして光の街はクリスマスを含む年末の時期に行われます。

c0059521_22431376.jpg


 チューリップ祭、ハウステンボスの園内いたるところにチューリップが咲き乱れます。特にパレスとキンデルダイクがとてもきれい。。(パレスは今年はどうなのか知らないんですが。。。)キンデルダイクはいつの時期も花が咲き乱れてとてもきれいなんですが、チューリップは背が高いせいか、すごく映えます。

c0059521_22432737.jpg


 ハウステンボスと言う種類のチューリップがあるのはご存知ですか?ハウステンボスに一度でもいった方はご存知なんですが、薄いピンク色で花びらの端がフリルになっているとっても愛らしい花です。

c0059521_2391274.jpg


c0059521_2243383.jpg


 夏のハウステンボスはとても暑くて(影が結構少ないんです)、以前は格好の避暑の場所だったアニメーションワールドも休館中で大変なんですが、春のチューリップ祭のこの時期には結構過ごしやすくて楽しいと思います。ケーキも今しか食べれないケーキがたくさん食べれます。

c0059521_22434821.jpg


 話はまるっきし変わりますが、ハウステンボス、お昼は花が咲き乱れてとてもきれいで、それを見ながら散策しているだけであっという間に時間がつぶれてしまいますが、実はハウステンボスの夜も長いんです。

c0059521_2244010.jpg


 ハウステンボスには他の場所とは違って園内ホテルがあります。で、夜の9時になると翌朝9時までは園内ホテル宿泊者以外は園内に入ってくることはできません。なので、朝早く起きての園内散策は園内宿泊者の特権です。そして、夜はとても安全です。夜中に女性が一人で歩いていてもほとんど心配はないと思います。(真夜中はかなり暗いのですが)夜中に飲んでいるお店から、希望すれば、宿泊しているホテルまで送ってくれると思います。

c0059521_22441512.jpg


 私も、神戸の繁華街を夜遅くまで歩くことは全くありませんが、ハウステンボスは夜中でも安心して歩くことができます。たくさん飲んで、たくさんの思い出を作ってください。。。

[PR]
by dfamb400 | 2009-02-27 22:26 | ハウステンボス

ハウステンボスに行こう (*^_^*)


ハウステンボスのキーワードでこのブログにたどり着いて、まだハウステンボスにいらしていない方、是非、ハウステンボスに来てください。

ただ、ハウステンボスは、東京ディズニーランドやUSJのようにたくさんアミューズメントがあって、行けば楽しめるという施設ではありません。確かに、キララやミステリアスエッシャーのような施設はありますが、決して絶叫系ではありません。なので、何も知らずにただ行くと、”つまらない。。。もう二度と来たくない”ということになりかねません。それで、行って頂く前に、ハウステンボスってこんなところだと勉強してもらいたくて、、、

c0059521_2250883.jpg


ハウステンボスは、テーマパークではありません。ハウステンボスというリゾートです。
ハウステンボスをつくるエピソード(正確にはオランダ村ですが)となったことがあります。
それは、

日本にはこんな海がありますか?



ミスター神近、地中海はすばらしいだろう
フランス人の船長が得意気に話しかけてくる。
素晴らしいですね
日本にはこんなこんな海がありますか?
彼のお国自慢に私も負けてはいない。
ありますとも。私が生まれ育った長崎には、美しい大村湾があります。この地中海にも負けません。
そんないいところがあるのですか?
彼は意外そうに聞いてきた。
じゃあ、多くの人がやって来るでしょうね?
いいえ、そんなに多くの人は来ません
なぜ??
人に知られていないし、環境が整備されていませんから。それに日本人は働くだけで、楽しみ方を知らないからかもしれません。
どうして??

彼は不思議そうに問いかけてきたが、私には答えられなかった。
<略>
話を聞いているうちに、私の脳裏に帆船の浮かんだ地中海と大村湾がオーバーラップしてきた。胸がときめき、現代の"出島"を大村湾につくりたい、そんな思いが猛然と湧きだした。近代日本の夜明けをもたらしたオランダ、その窓口となった出島、このふたつが二重写しになり、オランダ村構想が芽生えたのである。
【ハウステンボスの挑戦 神近義邦  講談社】


c0059521_2250269.jpg


なので、ハウステンボスへは、地中海に遊びに行く、ニースに遊びに行く感覚で来て下さればぴったりだと思います。何もしない時間を楽しむことが大事です。
子供たちは、お花を背景に広い場所を走り回ることができますし、運河に落ちること以外は事故は少ないと思います。(ちなみに運河に流れている水は海水です)ご両親や兄弟と一緒に白鳥にえさをあげるということだけでも、きっといい思い出になると思います。
若いお二人はきれいお花畑を見ながら手をつないで(腰に手を回して。。)愛を語らってください。ハウステンボスはとっても広いので実は、人のほとんど来ないエリアというのもあります。(ミステリアスエッシャーやテーマリウムの裏の風車のあたりなどいいですよ。)喉が渇いたら、園内にはおいしいスイーツをいただけるお店もたくさんありますよ。
熟年のご夫婦は、ゆっくりと園内を歩きながらパレスの方に行ってみてはいかがでしょうか。ハウステンボス美術館があります。オレンジ広場からハウステンボス美術館への道は軽い上り坂(これも敢えて盛り土をして坂をつくったものです)になっています。しんどいと思われる方にはタクシーもあります。パレスの前庭、後庭にはベンチがたくさん置いてあります。ゆったりとした時間をお過ごしください。

c0059521_22504294.jpg


もちろん、お前が勝手なことを言うな
と言う声も聞こえてきそうです。
でも、決して押し付けられるリゾートではありません。
ゆっくりとした時間をそれぞれの人がそれぞれの楽しみ方で楽しむことができる場所。
それがハウステンボスだと思っています。

なので、日帰りで数時間だけハウステンボスに立ち寄って
いくつかの施設やお店を覗いて立ち去ってしまうのでは

もう二度と来たくない
こんなところ一度くればもうたくさん

という感想を持ってしまわれがちです。
地中海、ニースに行ったつもりでゆったりと楽しめる場所。
それがハウステンボスです。

[PR]
by dfamb400 | 2009-02-25 22:49 | ハウステンボス

ハウステンボス バックヤード



c0059521_7391330.jpg


皮肉なもので、今、ハウステンボスが非常に脚光を浴びているようです。そんな今の時期に乗っかって、今まで何度もご紹介してきたハウステンボスの魅力についてもう一度書いてみようと思います。

c0059521_7393722.jpg


まず、最初に書いておきたいのは、ハウステンボスのこの美しい土地。この場所は、もともとはヘドロと悪臭で覆われた土地でした。
針尾工業団地と呼ばれていたこの土地は、昭和40年代、日本の高度成長真っ盛りの頃、総工費152億円(大卒初任給約2万1000円、ガソリン約50円/Lの時代です)をかけて、1972年に造成されたものです。完成した直後に第1次オイルショックに見舞われて企業誘致は失敗。金利だけでも年間4億円を払い続けていた土地です。

c0059521_7395623.jpg


よく、東の東京ディズニーランド、西のハウステンボスと言う言葉が言われます。巨大なテーマパークという意味なんですが、そういう意味では以前あった長崎オランダ村は、テーマパークです。日帰りの遊園地と言ってもいいかもしれません。でも、ハウステンボスはそういう意味でのテーマパークではありません。


c0059521_7402585.jpg


神近義邦元ハウステンボス社長の言葉を借りると

 これからの観光事業は、単なるテーマパークと呼ばれている内容では何十年も生き続けることは困難である。そこに人が住み、独自の生活や文化が生まれなければならない。人が住み、子供が生まれ、育ち、世代が交代しながら100年、1000年と生き続ける街。
【ハウステンボス物語 上之郷利昭 プレジデント社】


 ハウステンボスはそういう街なんです。何度も引き合いに出していますが、その昔、京都は中国の西安を模して作った街です。その西安を模して造った街が1000年のときを経て、押しも押されもしない日本の古都、京都になりました。ハウステンボスもそういう街を目指して計画され、作られた街です。


c0059521_740476.jpg


千年の街をつくる

これは、ハウステンボスプロジェクトを象徴する言葉です。

c0059521_219211.jpg


もう一つ、ハウステンボスを象徴する言葉があります

エコロジーとエコノミーの共存
 経済(エコノミー)はあくまでもコストの論理を貫いて利潤を追求する。コスト低減のためには環境(エコノミー)を破壊しかねない。一方、環境の方はいくらそこに配慮してもなかなか利潤を生み出さない。いわば二律背反のテーマである。【ハウステンボスの挑戦 神近義邦 講談社】



c0059521_741307.jpg


 大村湾というのは、非常に閉ざされた湾であるため、ハウステンボスから汚水をどんどん垂れ流すとあっという間に大村湾が死んでしまいます。そこで、ハウステンボスでは、環境に対して最大限の配慮を行っています。ハウステンボスの工事を始める際、何よりも先に汚水処理システムを完成させました。
 ハウステンボスバックヤードにその施設はあります。場所は、ホテルヨーロッパの裏手、小さな門を出て小高い丘の上です。(通常は出れないと思います。バックヤードツアーの際に通れます)
 実は私がハウステンボス大好きな理由の一つがこのバックヤードです。

 バックヤードには、園内で飼っている馬の糞から堆肥をつくる設備もあります。堆肥は園内の花壇に使ったり、他所の施設に売ったりしています。下の写真は、汚水の浄化システムです。

 ハウステンボスでは佐世保市から毎日3千tの水を買っている。使用した汚水をどうするかだが、ハウステンボスでは大村湾へは直接排水しない徹底的な浄化システムをつくりあげている。一度使った水は第3次処理して、トイレの洗浄水やクーリングタワーの冷却水などに何度も使用する。最後は植物に灌水し、土中に浸透させるのである。しみ込んだ水は土を通り、砂利の層を通って、栗石の間から有孔管に集まり、流れて運河に染み出す。さらに汚れた水は土中のバクテリアによっても浄化される。
 大村湾のCOD値が2ppmに対して運河のCOD値は1.8ppmである。県が条例で定めている排水基準はCOD20ppmであるが、我々は飲み水同様まで浄化し、汚水を一滴も流さず、逆に海をきれいにしている。
【ハウステンボスの挑戦 神近義邦 講談社】


浄化システム プラント
c0059521_18554952.jpg



エネルギープラント
 ハウステンボスでは、一日約1万キロワットの電力を必要とするが、停電や熱効率のことを考え、買電だけではなくコ・ジェネレーション・システムを導入することにした。コ・ジェネによる発電量は4割の4千キロワットにもなり、その燃料を重油にするか、深夜電力にするか、あるいは天然ガスにするか専門家を集め検討した。重油は価格的には安いのだが、輸送や煙の問題が解決できない。
 我々は天然ガスを中心にして深夜電力でお湯を沸かし、建物の地価に蓄熱してこれを利用する併用システムを作り上げた。地球環境を考える場合、エネルギー問題と人口問題は永遠のテーマであるが、全く公害を出さないエネルギーシステムを現段階で開発するのは不可能に近い。できるだけ空気を汚染しない燃料によってエネルギーを生み出す方向で努力せざるを得ないと判断し決定を下した。
【ハウステンボスの挑戦 神近義邦 講談社】



c0059521_1856354.jpg



このような機械が数台並んでいます。中はかなり暑い部屋になっています。

c0059521_18561715.jpg



そして、先ほどのコ・ジェネから小さな階段を下りると共同溝があります。

ハウステンボスにおいては目に見えないところで、開発した最新の技術がそこに住む人たちの生活をバックアップしている。幅6メートル、高さ3メートルの地下道が三千二百メートルにわたって運河をくぐり、各建物の地下に網の目のように張り巡らされている。中には熱供給のための蒸気を送る管や電線、上・中・下水道、通信情報システムなどが走っている。個別の空調を行う場合は各戸に室外機を置かなければならず、街の景観上もよくない。高いところから見下ろすと屋上に室外機が並べられている景色をよく目にするが、ハウステンボスの場合はドムトールンの展望室から見ても、あるいは空から撮影しても醜悪なものが一切見えない。
【ハウステンボスの挑戦 神近義邦 講談社】



c0059521_18563324.jpg

c0059521_18564774.jpg



ここで、中水(ちゅうすい)というのは、汚水を処理して花や木々に撒いたり、トイレのお水に使ったりしているものです。

バブルの申し子と言ってしまえばそれまでなんですが、本当にすばらしい思想だと思います。今から17年前にこれだけの考え方を持ってつくられた施設も少ないと思います。

あのハウステンボスのきれいな町並みを支えているのはすばらしい思想なんですよ。


[PR]
by dfamb400 | 2009-02-24 18:57 | ハウステンボス

ホテル デンハーグ


ハウステンボスのホテルデンハーグ。
今年7月からとりあえず1年間の休業が決まりました。
それまでに是非泊まってください。。

c0059521_2143396.jpg



c0059521_21431927.jpg


これは、デンハーグのレストラン、エクセルシオール。
海や観光丸を見ながらお食事ができます。
って、
私、エクセルシオールは一回しか行ったことないかも。。。
本当に、一度いくとそこばかり行くので、ハウステンボス何度も言っていても実際行っているところは限られています。上の方に青いコップが写っています。エクセルシオールは海をイメージして作られているようです。
ナプキンの形も、ホテルヨーロッパはチューリップの形ですが、エクセルシオールは帽子の形。

c0059521_21433397.jpg


ショウプレートです。

c0059521_21435183.jpg


まだ、7月まで数ヶ月あるから頑張ってデンハーグ、行かなくっちゃ。
そうそう、
ティークリッパーという紅茶のお店もありますよ。って、こちらも入ったのは
チョコレートフォンデュを食べるのに一度入ったきりではなかったか。。。
ヴィノテークはハウステンボスに行く度に行っているのに。。。


[PR]
by dfamb400 | 2009-02-23 21:43 | ハウステンボス

上柿元勝の料理とワインを楽しむ会 第6夜



c0059521_1356295.jpg今朝5時におきて一番の飛行機で神戸に帰ってきました。昨日はお食事会の後、ハウステンボス仲間の方二人とご一緒に3人でいろいろとお話して。。。
あとのお二人は今のハウステンボスにちょくちょく行かれていて、どんな様子か聞くことができてよかった。。。


ムッシュのサイン入りのメニュー

c0059521_13395052.jpg


ショープレート
90人の予定が予定の人数をはるかに超えたって。。。
それにしても、座ったとたんにすっと持っていってしまって、、
隣の席のプレートを写しました。
一番最初にムッシュがお話なさって、

今日のお料理、気に入っていただけなかったら、お金は返します。

って。ずいぶん思い切ったことを。。。。(笑)


c0059521_13454864.jpg


3種のアミュ-ズ グルマン風
根セロリのピューレ キャビア添え・桜島産ブリの自家製スモーク・黒豚のリエット


c0059521_13461143.jpg


鹿児島産活車海老と指宿産空豆のプティ・ポ ユズの香り
空豆が中に隠れています。

c0059521_13462541.jpg


季節野菜の煮込み 3種類のコショウ風味
彩もとてもきれい。。

c0059521_13464628.jpg


鯖江湾で水揚げされた天然鯛のオリーブ油焼き ジャガイモとポワローネギ添え
鯖江湾は、ドルフィンポートの前の海

c0059521_1347266.jpg


出水産デコポンのグラニテ シャンパン風味
これは、デコポンのグラニテ

c0059521_13471980.jpg


これに、ボランジェを加えます。なんとも豪快な。。。
ボランジェですよ、ボランジェ。大きなグラスで飲んでもおいしいシャンパンなのに。
でも、すばらしくおいしかったです。デコポンも。

c0059521_13473415.jpg

黒毛和牛の煮込み 金時人参のクミン入りグラッセ

c0059521_1347497.jpg

この日のワイン
右から

Bourgogne Blanc Les Champiains 2006, Domaine Simon Bize
しっかりした酸味のワイン。しばらく置いていると広がってとっても優しい香りに。。。
若すぎるくらい若いワインだもの。
Bollinger Special Cuvee
Vosne Romanee 2005, Chanson Pere& Fils

この日は量はそんなに飲まなかったはずなのにすきっ腹にボランジェをごくごく飲んだせいか回って回って。。。もともとお酒は弱いものな。。。



c0059521_1348215.jpg


小菓子

c0059521_13482599.jpg



c0059521_13484984.jpg


 ムッシュが最後に出てきて
お皿を見させていただきましたが、みんなきれいに食べておられたのでお金は返しません
と。。。(笑)
誰もお金返して。。
なんていう人はいないでしょう。。。

本当に満足してお店を出ることができました。


[PR]
by dfamb400 | 2009-02-22 13:48 | お食事

上柿元勝の料理とワインを楽しむ会 第6夜


さて、私は今鹿児島に来ています。

こんな時に鹿児島へ言っている場合ではないでしょ。長崎に行きなさい。

と言う声が聞こえてきそうですが、明日の午後5時過ぎには絶対に神戸にいなくてはいけないので、この土日は長崎には行けません。あ、来週も日曜日一日缶詰めなので、長崎に行けるとしたらその次の週と言うことになります。スタッフの方のお顔を一刻も早く見たいのは山々なんですが。。。

ともかく、鹿児島に来ています。(笑)
桜島です。チョボッと煙がでていました。

c0059521_2314798.jpg


今日は、鹿児島のムッシュのお店、ミディ ソレイユで、ムッシュのお料理を食べる会が開かれました。
ミディソレイユには3年前、開店した時に一度行ったきりだったのですが、さすがに総支配人のY水さんは、名前まで完璧に覚えてくださっていました。こういうところが本当にプロですね。

c0059521_232756.jpg


おととい、鎌田シェフのお料理を頂いたばかりなんですが、今度はムッシュのお料理。
ため息が出るほどすばらしい料理の数々でした。今日は、ワインを飲んで酔っ払っているので明日にでも又アップします。


More
[PR]
by dfamb400 | 2009-02-21 08:05 | お食事

銀婚式ランチ


昨日の銀婚式ランチをアップします。
場所は、何度も書いていますが、ラ・スイート神戸ハーバーランド。言わずと知れた元ハウステンボスの料理長です。今話題になっているホテルデンハーグのシェフも勤められたことがあるようです。私は、レストランでシェフのお料理を頂いたことがありますが、家内は宴会場でしか頂いたことがなかったのでいい機会ということで、二人でシェフのランチを頂くことにしました。このホテルのメインダイニングル・クール神戸のシェフ・ド・キュイイーヌは倉本シェフ。鎌田シェフはグランシェフです。倉本シェフも以前お食事を頂いた時に紹介していただきました。ただ、今回はハウステンボスのお料理が食べたい。。と希望を出していて、しかもフォアグラ大根は必ず入れて欲しい。。と言っていたのでお忙しいでしょうに鎌田シェフが作ってくださったようです。
感謝感謝です。

c0059521_22282064.jpg



c0059521_22365592.jpg家内は指輪をつけるのがあまり好きじゃない。。仕事柄仕方のないところではあるんですが、結婚の節目と言うことで婚約指輪以来の指輪をプレゼント
(^^♪

で、いよいよお食事のスタートです。
当初午後1時からの予定だったんですが、御腹を減らすのもかねて三宮からホテルまでぶらぶらと歩いたら早めに着いてしまって、12時半にスタートしてもらいました。
すでにテーブルは用意されていました。

c0059521_22285242.jpg



c0059521_22292395.jpg

あらかじめ予算と頂きたいお料理を伝えておいたら何と、特別メニューが。。。

c0059521_22294658.jpg


最初はロゼシャンパンを頂いたのですが、スタッフの方といろいろと楽しいお話をしていたら写真を撮るのを忘れてしまった。。。

アペリティフ
海老とアボガドのムース ローズマリー風味
小さなスプンで頂くのですが、香草の香りがほんのりとしてとてもおいしい。。
(*^_^*)

c0059521_2230309.jpg


で、
フォアグラのステーキです
と言って持ってこられました。(笑)
本当に大きかったです。大きさはかっていないけど、大根からはみ出しているんですけど。。。
大根と鴨のフォアグラのソテー ポルト酒風味
ほんのりとバニラの香りがしたような気がしたんですが。。。白ワインを使っているからかな。。

c0059521_22304565.jpg


パンですが、これが又本当においしい。正直、前回お泊まりしたときに朝食に食べたパンとは全く別物でした。食事のときのパンと朝食のパンは違うのかな。。

c0059521_2231630.jpg


で、メニューには載っていないのですが。。。
と持ってこられたお料理。
魚介類のカプチーノ仕立て、ガーリックトースト添え
これも、ハウステンボスを思わせるお料理です。というか、アランシャペルの料理なんですね。

c0059521_2231246.jpg


ワインは、家内がピノを飲みたいと言うことで、
2005年のDujac Morey-Saint-Denisをあけました。とってもミンティで果実味一杯のすばらしいワイン。以前はシャンボールミュージニー大好きだったんですが、最近はモレサンドニもいいな。。
と思うようになって。。。
ただ、このワイン13.5%ありました。ランチと言うのに。。。。
でも、お料理がしっかりしていたのでワインとしては十分だと思います。

c0059521_22314025.jpg


天然明石鯛のポワレとサフラン風味のリゾット
エストラゴン風味のアメリケーヌソース
 前回、家内と一緒にお泊りしたときの魚料理はパイ包みだったんです。そのとき家内は、できればパイで包んでいない素のお魚が食べたい。。
と言っていました。そのことを伝えたわけではないんですが、今回は鯛。すばらしい味でした。皮はぱりぱりで身はふんわり。。。
ソースを使ってお皿に絵がかかれていますね。柿の実のような絵。
彩りもとってもすばらしい一品でした。

c0059521_2232151.jpg


そしてメインは
但馬牛リブロースのグリル 淡路オニオン風味の赤ワインソース
炭の香りのするお肉にオニオン風味のソースが本当によく合っていました。

c0059521_22322243.jpg


お料理が終わった時点で場所をグランブルーに変えて、デザート。

ローズマリー風味の軽いチョコレートムース バニラアイスを添えて
銀婚式おめでとうございますのプレートも添えられていました。

c0059521_22323757.jpg


家内と二人でゆっくりといろんな話をしながらのランチ。結局ワインは一本全部飲んでしまいました。終わったら午後3時半過ぎ。3時間も食べていたんです。
でも、とっても幸せな時間でした。
これからも二人の時間を大切にしたいと思います。


More
[PR]
by dfamb400 | 2009-02-20 22:32 | お食事

銀婚式



c0059521_21403744.jpg


c0059521_21423519.jpg
今日は、結婚記念日。それも早いもので25周年です。私たちは結婚が結構早い方だったのですが、それにしてもあっという間でしたね。
ラ・スイート神戸で鎌田シェフ、大山シェフのお料理を頂いてきました。もちろん、スペシャリテも。。。
家内は、ラ・スイートのレストランでお食事をするのは初めて。どれもこれもおいしいと本当に幸せな時間を過ごすことができました。昼間からワインも一杯飲んだので酔っ払ってしまって。。。。
詳しいことは又アップします。


More
[PR]
by dfamb400 | 2009-02-19 22:27 | 日常

黄砂の日



c0059521_2051281.jpg


今日も黄砂がたくさん飛んでいたようです。目はかゆくなるし、くしゃみは出るしで。。。。
気分もいまひとつ。。。

でも、
明日はいよいよ銀婚式ランチです。
楽しんできます。

このブログ、ハウステンボスの節目になるような出来事があると閲覧人数が増えます。。。('_')



More
[PR]
by dfamb400 | 2009-02-18 20:53 | 日常

田崎真也のワイントーク&ディナー



c0059521_84916.jpg


c0059521_2354013.jpg一転、寒い一日でしたね。おまけに黄砂が舞っていると思うんですが、山はかすむし、目はかゆいし。。。
くしゃみも出るし。(-_-メ)
 今日、ラ・スイート神戸のホームページを見ていたら、

2009年3月26日(木) 田崎真也のワイントーク&ディナー

というイベントが行われるようです。田崎真也さん、まだお会いしたことがないので思い切って参加しようと家内と二人で参加することにしました。とても楽しみ。。。

[PR]
by dfamb400 | 2009-02-17 23:14 | お食事


ハウステンボス、すばらしいところです。是非一度はいらしてください。


by dfamb400

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

お気に入りブログ

■ハウステンボス&毎日が...
Happy Hour
ハウステンボス飲食店がい...
Still
ありがちな黒猫日記
my sweet day...
おいしい~Photo D...
J.S.A関西支部幹事達...
casa familia...
超お気楽ワインラヴァーの...
我が家のにゃんこ
美味しいwineを求めて
wine party
ハウステンボスに咲く花
ハウステンボス行きたいな
Les Couleurs...
夢に向かって

【お気に入り】

二番手捕手のつれづれ野球日記
長男のHP

あんち・クールビズ
次男のブログ

ハウステンボスーオフィシャルwebsiteへようこそ
HTB オフィシャルホームページ

Always Smile
伊達公子オフィシャルブログ

Ca sento です。
Ca sento のブログ


長崎新聞
長崎新聞

西日本新聞
西日本新聞

chibaのHTB旅行記
chibapeanutsさんのブログ

素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え
mattariさんのブログ

on my way home
sayuriさんのブログ


徒然ハウステンボス草紙
daydreamerさんのブログ

ちこがこのお散歩日記
ちこがこさんのブログ


ハウステンボスって、ええやんか!
SENRIさんのブログ

わらうかどには♪きたる
にょろさんのブログ


ハウステンボス紀行
ボヘミアンさんのブログ

おいしい楽しいハウステンボス
Guraさんのブログ

ハウステンボス雑感
mattariさんのHTB


なんちゃってセレブのハウステンボス日記
てんの妻さんのブログ

ハウステンボスにいってきました!!
urourositeruyo99さんのブログ

HALIcinatory Days
ハウステンボススタッフによるブログ

Suitable Life
toyさんによるブログ

いろんなこと
マーチさんによるブログ

とりあえず。
せつこさんによるブログ

くまさんの自立
くまさんのブログ


マッキーの雑記帳
マッキーさんによるブログ

瀬戸際の暇人
びょりさんのブログ

ぼくときみ
HTB元スタッフの方のブログ

みー&まーのポチポチ日記
みーさんのブログ

一竿風月
Stillさんのブログ

ワインの時間
まさぞうさんのブログ

Flower Gaeden Blog
nozomiさんのブログ

Sweets♪yukarin
yukarinさんのブログ

ワインショップいいぬま

ソムリエは見た

ワインの扉


ソムリエとサクソフォーン
ソムリエさんのブログ

ワインショップいいぬま
ゆきおさんのショップ

アル中生活のすすめ
PICARLEさんのブログ

ワイングロッサリードットコム





カマッチョママのワインエキスパートチャレンジ日記
カマッチョママさんのブログ

カッパのワイン&映画!!
Mr.Mさんのブログ


kamaccho・mama 日々の暮らしに感謝して
カマッチョママさんのHP


●ワインとピアノのある部屋
Georges さんのブログ

Georgesのワイン選び
Georges さんのブログ



食べるために生きているかも?日記
WG西村さんの日記

まさきこ ドットコム
WG西村さんのHP

Wine Grocery
四条堀川のワインショップ

Diary
MoetさんのDiary

フランス料理ポータルサイト
シェフによるフランス料理の紹介

ワイン日記
日々のワインのことなど

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ハウステンボス大好き!!
ルーキーさんのHTB掲示板

ハウステンボスに詳しい方いますか?
 Yahoo HTB掲示板

女子十二楽坊ブログ
女子十二楽坊ブログ

「さくらんぼ」と私
ceriseさんのブログ


エキサイト・ザ・マンション
マイルーム

ナース同盟

腹黒日記
キノさんの日記

ガーコのやさぐれ日記
キノさんのお姉さんの日記

Callin' you


**サオンヌのマダーム♪な長崎**
サオンヌさんのブログ

Salon de Satomi
管理栄養士☆聡美のサロンへようこそ!

ふゆこの平凡な一日
ふゆこさんのブログ

ハニログ
rie_myさんのブログ


ADVstudent_group
ADV

韓国語イヤギ
oshieteさんのブログ


ふぉとかふぇ
写真

不思議と幸せが舞い降りてくる。
OhashiさんのHP


韓国ドラマNavi


ドラマ韓


さとう珠緒のお暇なら見てよね。
さとう珠緒のブログ

食べログ.com
レストラン・おとりよせ(お取り寄せ)のクチコミ満載、グルメのクチコミサイト

eRobertParker.com
R.Parkerのホームページ

はな*にわ

ハウステンボス大好き!

海に浮かぶ王国
creromaさんのブログ



以前の記事

2017年 06月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 10月
more...

最新のトラックバック

太陽光発電ソーラーシステム
from 太陽光発電ソーラーシステム
カクテルの創作方法
from カクテルの創作方法
太陽光発電ソーラーシステ..
from 太陽光発電ソーラーシステム情報
ホテル ラ・スイート神戸..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
韓国ドラマ あらすじ
from 韓国ドラマ あらすじ
ワインについて
from ワインについて
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ホテルヨーロッパ(ハウス..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
軍艦島観光ツアー
from 軍艦島観光ツアー
結婚記念日 プレゼント
from 結婚記念日 プレゼント ディナー

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

九州
食べ歩き

画像一覧