<   2005年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

勝手にHTB紹介18【フォンデル】

ホライゾンアドベンチャーの前には、フォンデル があります。
 ここには実は私は入ったことはありません。なぜなら、私が最後にHTBに行ったときにはここは、”キャラクターショップ・キャラクターギャラリー”となっています。

 写真はありませんが、ここは私の好きなお店です。(7月と同じお店だったら。。ですが)
それぞれの色のミッフィーや、トトロのグッヅなどが所狭しと並べられています。もちろん、Tシャツや、文房具なども。。。。
 私のお気に入りは、茶色のミッフィー。
c0059521_20472711.jpg

 







[PR]
by dfamb400 | 2005-09-30 22:31 | ハウステンボス

ワインセミナー&ランチ【ブルゴーニュの魅力】


今日は、9月の最後をかざるランチセミナー。参加者は12名。
シェフソムリエの巌本さんの説明の後、ランチを頂く。最初は緊張してあまりしゃべれなかった皆さんですが、ワインが入ってくると、もともとワイン好きが揃っているだけにお話が弾みます。

c0059521_1922343.jpgどんなお料理が出てくるかな??というよりも、正直、お腹が減った。。と言うのが実感かも(^^ゞ
集まったのが正午。ランチのスタートが午後0時半で、それまでいろいろなワインの説明を受けていました。
 今回はブルゴーニュということで私も好きなワイン。
c0059521_19222814.jpgChablis Chateau de Maligny , 2004
12世紀に建てられた由緒あるシャトーを中心に、170haの自社畑を所有するシャブリ専門のドメーヌだそうです。
ヴィンテージは何と2004年。これまた去年できた葡萄で作ったワインなんですね。。
ニュージーランドならともかくブルゴーニュ、それもシャブリの2004年。
色は、緑がかった黄色。シャブリ特有の香りということで言うと、少し弱かったかも。。。
でも、食前酒として出てきましたからこんなものかも。。
c0059521_19225030.jpg次が
Saint-Aubin EN REMMILY 2003 Domaine Marc Colin
EN REMMILY という、畑は、Saint-Aubin の中でも一番力のある畑のひとつと言うこと。。
そして、Marc Colinは、Saint-Aubinを得意としているとのことでした。
シャブリと比べると、酸が明らかにやわらかい。これが、乳酸発酵なんだ。。と言う感じ。ヨーグルトとレモンの違いですね。(正確には白ワインはりんご酸で、レモンはクエン酸ですが)


c0059521_19231114.jpgいろいろと、ワインの説明とかあって、やっと出てきたアペリティフ。
時計は13時前になっていました。お腹すいた。。。
これは、一番下の白いのは半熟卵。その上にうなぎ。トリュフを細かく切ってあって、赤ワインソースがかけてあります。

c0059521_19232582.jpgPernand-Vergelesses 1999, Domaine Rape
正直、Pernand-Vergelesses と言うワイン、今まで2回飲んだけど、私はおいしいな。。と思ったことはない。(あくまでも嗜好物なので、言い切らせてくださいね。ひとそれぞれです。)
今日、ソムリエさんに率直にそういったんです。今日のワインも、香りも少し引っかかる感じで味も。。。
と申し上げたら、香りに、血液の香りが。。とおっしゃっておられました。味に関しては、ブルゴーニュの赤にしては酸味が非常に強いワインです。。
ということで、霧が晴れました。そういうワインなんだ。。。
ちなみに家内は次の赤ワインよりこちらの方がおいしいと言っていました。
c0059521_19234022.jpgGevrey Chambertin 2002, Domaine Edouard Bryczek

ブリチェックと読むそうです。この方は、ポーランド出身。ポーランドと言えば、先日亡くなられたローマ法王ヨハネ・パウロ2世もポーランド出身ですね。
ブリチェックが、そのローマ法王の生まれた年1920年に植えた木でできたワインをローマ法王に献上したところから、ローマ法王ご用達となっているそうです。
樹齢85年の木からできるワイン。
c0059521_19235882.jpgこれが本日のメイン。
鴨肉がブロックで出てきました。上には、シナモンなどでつくったスパイスがとても香ばしい。
ブロックの鴨肉はいまだかつて食べたことがありません。ほくほくと頂きました。
c0059521_19242822.jpgそして、食後のデセール。
c0059521_19244387.jpgコーヒー
c0059521_1925016.jpg
ワインのボトルを撮らせていただきました。

 家内と二人で行ったのですが、前に、やはり二人で来られていた同年代くらいのご夫婦の方がおられて話がとても弾んで楽しいランチでした。
 後で見たら、食事は二皿しか食べていないのにお腹が一杯。。。終わったら3時でした。

 次回は、ボルドーをテーマに11月だそうですが。。。


 今月は少し?贅沢をしすぎましたね(^^ゞ
 体重も増えたし、これからは節制します。








[PR]
by dfamb400 | 2005-09-29 19:24 | ワイン

勝手にHTB紹介17【テーマリウム】


ホライゾンアドベンチャーの前を進むと、大きな広場になっていて、真正面にテーマリウムがあります。ここは、昔”ノアの劇場”というアトラクションがあったらしい。。
現在は、HTBの紹介のビデオを放映しています。あと、地下共同溝の仕組みの解説などをしたパネルも展示しています。
c0059521_20455299.jpg

c0059521_20445570.jpg


 私は、今年の7月に入ったのですが、スタッフはおられませんでした。このテーマリウム、閉館は16時です。記憶は定かではありませんが、15時半に、入り口が閉められそうになって、大慌てで、この広場を駆け抜けて”閉めないで。。”とお願いした記憶があります。

c0059521_20492417.jpg


内部の様子ですが、お化け屋敷みたいと陰口も叩かれているようです。

ビデオとかは、ちゃんとみればそれなりに面白いと思うのですが、そういう目的でHTBに来られている人が少ないんでしょうね。

 展示室をぐるっと回ると、壁に、小学生の書いた、HTBに関する発表のようなものがあって、その先がシアターのようになっていました。

 私は、ここは、小学校の生徒さんとかに、環境のビデオを見せるためのお部屋と思っていたのですが、この部屋がノアの劇場だったのでしょうか。。。

30分しか入れなかったのが残念でした。

次回帰国時にはもっと早く行きます。
あの、入り口の上に飾ってある巨大な羽根を広げた生き物(金色の。。)は、名前があるのかな?

【追伸】
この3日間、アルコールを全く飲んでいません。これはこの数ヶ月間なかったことかも。。。
明日に備えての休息です。今月は、ご馳走食べていいワインを飲みすぎましたからね(^^♪


[PR]
by dfamb400 | 2005-09-28 20:54 | ハウステンボス

ホテルオークラでのディナー


昨日は、母と二人で、ディナーを食べてきました。

第15回ワイン愛好家の為の晩餐会  ”ワインの世界遺産を味わう”
   アルマン ルソー のシャンベルタン90 


という、イベント。
今まで、シェラトンでのワインのイベントは何度も行ったけど、ホテルオークラは、初めて。それも、35階 レストランエメラルド。いままで、1階のコーヒーショップは入ったことがあったけど、それ以外は全く入ったことがありませんでした。
 すごくいい雰囲気の落ち着いたレストラン。

c0059521_21152854.jpg窓際のいい席でした。窓からは神戸港が一望できました。
c0059521_2116023.jpgアミューズ。キャビアが一口ずつ小さなティスプーンに入っていました。それとクリーム。右上の二つ並んだ小さなものは、パンケーキ。温かくてとてもおいしかった。
レモンを絞っていただきます。
c0059521_21153177.jpgフォアグラとアスパラのミルフィーユ、トリュフのソース。
 このソースが本当においしかった。黒いのは、もちろんトリュフ。ふわふわしていて、温かくて、それにトリュフの香りが。。。
c0059521_2115575.jpgフランスパン二つ。
 左側がパンにつけるオリーブオイルとバター。結局使わなかったけれど。。
c0059521_21173729.jpgSavenniere "Les Petit Clos" 01 Nicolas Joly
まさか、ニコラジョリーのワインが飲めるとは思いませんでした。
ビオディナミの作り手ですね。
このワイン、ついでもらった時には、それほどでなかったけど、1時間ほど置いて飲んだら、すばらしい味と香りでした。まだまだ、若いビンテージですものね。
ロワールのモンラッシェなんだから。。
c0059521_2117045.jpg近海さん天然平目のシャンパーニュ蒸し、グラタン仕立て。
魚くささが全くなくてこれもおいしい一品でした。ちなみに上に乗っているのはうに。
c0059521_21173736.jpgこのワイン、赤白シャンパーニュ、昨日飲んだワインで一番おいしかったワイン。
Bourgogne Blanc '97 Comte Georges de Vogue
これは、本当においしかった。ブルゴーニュブランとは思えない。説明によると、グランクリューのミュージニーブランの畑からできる白ワインなのだけど、1993年を最後に植え替えによって若木になったため、本来はグランクリューを名乗れるワインが、ブルゴーニュブランになっているとのこと。
c0059521_2118851.jpg神戸牛ばら肉の赤ワイン煮込みエメラルド風

c0059521_21223924.jpg
c0059521_21234776.jpg
ワインのボトルの写真を撮らせて貰いました。左から

Champagne Jacques Seloss"Blanc de Blancs"
Vins Blancs
Savenniere "Les Petit Clos" '01 Nicolas Joly
Bougogne Blanc '97 Comte Georges de Vogue
Vins Rouges
Gevrey Chambertin "Clos des Varoilles" '97 Varoilles
Chambertin '90 Armand Rousseau


c0059521_21241077.jpgテーブルに飾ってあった可愛らしいデコレーション
c0059521_21242969.jpgお口直しのシャーベットとフルーツ。
c0059521_21244714.jpg小菓子。<
c0059521_2125317.jpgコーヒー


 料理もワインも本当においしかった。
 ただ、料理を運んでくるのが早くて、もう少しゆったりとたべたいな。。と思ったな。。
 それでも、3時間はかけたんだけどね。



[PR]
by dfamb400 | 2005-09-26 21:25 | ハウステンボス

勝手にHTB紹介16【ホライゾン・アドベンチャー】

マウリッツ広場、天星館の隣には、フライト・オブ・ワンダーがあるんですが、
フライト・オブ・ワンダーは入ったことがありません。(/_;)
ちなみに、フライト・オブ・ワンダーの紹介はここ

ホライゾン・アドベンチャーも入ったのは一度だけ。。。
でも、結構面白かった。
HTBでは、一番の人気アトラクションかも。。。
休日などは結構な人が並んでいます。

私は、写真も撮っていませんでした。。。。

で、ねた本から抜粋。

平成5年3月25日にオープンした"ホライゾンアドベンチャー"はオランダの堤防決壊による大洪水を実体験する施設で、大人気である。800トンの水が落下し、本物の波を起こし、雷、竜巻、大雨を降らし、観客は水しぶきに濡れる。すべてハウステンボスのオリジナルシステムである。

アミューズメントにはスリルと興奮で理屈抜きに面白いものと、ストーリーがあり、観客が感情移入できるものとがある。前者はアメリカで多く開発されユニバーサル・スタジオの"バック・トゥ・ザ・フューチャー"やディズニーランドの"スター・ツアーズ"などが代表的なものである。後者はこれから開発される分野であり、私(神近義邦:ブログ筆者注)はこれにチャレンジした。。

ということです。

私は、HTBでは、いつも咲き誇っている花々と、ホテルのhospitalityを楽しみに帰国しているけれど、このアミューズメントは、一度は入ってみる価値があると思います。


【おまけ】
昨日、電気屋さんに、デジタルカメラを見に行ったんです。
その時持って帰ってきたNIKONデジタルカメラ総合カタログ(2005.05.23)の10ページに、
ハウステンボス アンカーズラウンジと、ホテルアムステルダム パティオガーデンがありました。
とってもうれしかった。。。。良かったら見てください。
感激しますよ(^_-)-☆






[PR]
by dfamb400 | 2005-09-24 21:45 | ハウステンボス

神戸そごうにてurouro!(^^)!


お昼から、リーデルのワインテースティングの講義。
リーデルのグラスと、やや小ぶりの肉の厚いグラスで、同じワインを飲んでみて、グラスの違いで、ワインの味がどんな風に変わるかというもの。会場は、神戸三宮そごうのリーデルのグラス売り場。

一番良くわかったのは香りの違い。リーデルのグラスは、先がすぼまっているので、中に香りがこもりやすいそう。。確かに。。。

味に関しては、
白ワイン用のグラスは、赤ワイン用のグラスの上の部分を切ったような感じになっています。このため、赤ワイン用に比べて、グラスを水平近くまで持ち上げれば、飲むことができるようになっています。対して、赤ワイン用のグラスはグラスをかなり上まで持ち上げて、首を上に向けないとワインが口に入ってきません。このことにより、舌にあたる部分をコントロールし、それにより、ワインの味を変えるそうです。
びっくりですね。。。

基本的に白ワイン用のグラスはできるだけ酸味を抑えるように作られているそうで、このため、白ワイン用のグラスに赤ワインを入れると、渋みを強くかんじるようになり、赤ワイン用のグラスに白ワインを入れて飲むと、喉の奥に勢い良く白ワインが入ってくるため、喉に違和感を感じるとのことでした。。他にもいろいろとおっしゃっていたのですが、ワインを飲むのに忙しくて、メモるのを忘れました。。(^^ゞ

ちなみに、頂いたワインですが、
SILENI Pinot noir 2004 Hawke's Bay
SILENI Chardonnay 2004 Hawke's Bay

です。
ニュージーランドのワインです。なんと、ヴィンテージは2004年。2004年とは思いませんでした。値段が又びっくり。Pinot Noirのほうは、1500円、Chardonnayのほうは、3000円ですって。ニュージーランドは、かなり南の方(オーストラリアよりまだ南)なので、むしろ、南極の影響を受けて、気候的にはブルゴーニュと似ているということでした。
それにしても、2004年とは。。。。
でも、びっくりするほどおいしかったです。特に赤は。。
以前、ヴィノで、Newzealandのワイン(Foxes Island Marlbororough Chardonnay, 1999. tasting at 2005.06.19)を飲んで、やっぱりおいしいと思ったので、NZのワインは私に合っているのかも。。

で、買って来ました。
ソムリエシリーズ Bourgogne Grand Cru....

c0059521_2153611.jpg
大きいですよ。横においてある携帯電話の大きさと比べてもその大きさはわかると思います。置くところあるかな??と言いながら、買って来ました。
今日は、1割引ということでしたが。。。


c0059521_221236.jpg早速、昨日開けた、

Cotes du Ventoux Cuvee des Terrasses - Chateau Pesquie 2002

を、これに入れて飲んでみましたが、さすがにこれはしんどかったみたい。。
もともと、このワインが、それほど香りの強いワインではなかったと言うこともあって、生臭い香りがグラスの中に満ち満ちて、だめでしたね。。。
もっと、いいワインを入れないとね。

ちなみに、このグラス、チューリップ型になっているのは、この方が、ワインがふちから出る時に糸のように細く出て行くからだそうです。だから、いいワインを少しずつ飲むのに適しているんですね。。。

で、リーデルのあとは、地下のワイン売り場へ。。
実は、
ANA国際線機内サービスワインの試飲と販売
が行われていたんです。

行って来ました。

売り場の前には、フライトアテンダントの制服を着た、販売員の方が、立っていて、小さなカップにワインを入れてくださいます。あれは、本物のスッチーなのかな??
スッチーの制服っていいな。。
って、何を見に来てたんでしょうね。
ワインでしたね。

【First class】(乗ったことありませんが。。)
Chateau La Gaffeliere 1997(St-Emilion)
これは、1杯1000円で試飲できました。
Meusault Clos de Mazeray Blanc 2003, Domaine Jacques Prieur
ヴィンテージが2003年と言うこともあって、さすがにこれは、固かったです。しばらくおいておいて、ようやく香りが開いてきましたが。。。
 2003年と言えば、ブルゴーニュでは、熱射病でたくさんの方が亡くなるほど暑かった年だそうです。そんなこともあって、いつもの年に比べると、熟成はすすみやすいとおっしゃっておられましたが、さすがに2003年のムルソーは、、、
【Buisiness class】(一度だけ乗ったことあります。結構快適)
Chatearu des Belles Graves 2000, Cru Bougeios
Bourgogne Chardonnay 22002, Chateau de Mercey


 いろいろ話をして頂いて、考えてみたら、飛行機の中で飲むワインですよね。レストランで飲むワインではないので、そのあたり、すこし違うのかな。。とも思いました。あんまり重いワインは飲めませんものね。

何でも、
ANA国際線機内サービスワインは、国内外の百数十社から900種を超える提案を受け、東京全日空ホテルのシェフソムリエやシニアソムリエの資格を持つ客室乗務員などをメンバーとする選考委員会の試飲によって厳選されたワイン。
とのこと。

スッチーさんは、ソムリエの資格を持っておられる方が多いとは聞いていましたが、シニアソムリエとは。。。凄いね。
ワインを4本買ってきました。(^^ゞ






[PR]
by dfamb400 | 2005-09-23 22:15 | ワイン

勝手にHTB紹介15【マウリッツ広場】


久々にハウステンボスが見たくなりました。。。写真を。。

c0059521_2202111.jpg

c0059521_2203293.jpg


前が天星館まで紹介しましたので、今度は、天星館の前に広がる広場。

マウリッツ広場です。神々の彫刻の周りにきれいな花壇が設けられています。

この広場は、ハウステンボスが経営破たんしたときに長崎ふれあい広場が設定された場所ですね。(私はホームページでしか見たことがありませんでしたが。。。。)

この広場の真ん中にある、噴水の中の像ですが、これは、海の泡(アフロス)から生まれた美と愛の女神アフロディーテの像だそうです。

Chibaさんのブログ

老爺さんのホームページ

などで、詳しく紹介されています。(勝手に紹介しました。ごめんね。。知識がないので、他の方の知識を。。(;_:))

オレンジ広場や、アレキサンダー広場に比べるとどうしても人の集まりにくい広場のようですが、お花もきれいですし、ゆっくりできますよ。しいて言えば、日陰が。。。もうすこしほしいな。









[PR]
by dfamb400 | 2005-09-22 22:15 | ハウステンボス

Pouilly Fuisse Les Crays Vieilles Vignes Jean Jacques Litaud '00

連休の間に挟まれての平日は仕事がとんでもなく忙しい。
休みは休みでうれしいけど、ゴールデンウイーク並みでした。
疲れた。。。。
ということで、 ワインを
c0059521_22255473.jpg色は、薄い黄色。

Vieilles Vignes ということで、樹齢の高い葡萄の木から作ったワインですね(^^♪
確かに凝縮感はありましたが、私としてはやっぱり、赤の方が良かったかな??
味の雰囲気が、赤のPernand-Vergelesses(白は飲んだことがないので。。)に似ていました。まだ、飲むのが早すぎたのかもしれません。
あくまで好き好きですが。。。まだワインを飲み始めてから間がないから、もっともっと慣れてきたら、もっと違う印象を持つかもね。。。

Vieilles Vignes について調べてみたのですが、

”この樹齢の高いぶどうから造ったワインを、フランスワインではヴィエイユ・ヴィーニュ(Vieilles Vignes)と呼びます。

 ヴィエイユ・ヴィーニュの表示に関しては法的な規制はないので、生産者によっては20年程度の樹齢でも「Vieilles Vignes」と表示しているところもあります。
 しかし、60年以上の樹齢を重ねたぶどうから丁寧に造られたワインは、並はずれた濃縮感と複雑味のあるものになります。

ということでした。


今日はとにかく疲れました。。。。









[PR]
by dfamb400 | 2005-09-21 22:30 | ワイン

フルーツフラワーパーク

秋晴れで、気持ちも良かったので、家で韓国ドラマばかりを見ていても時間の無駄ということで、フルーツフラワーパークに子供をつれて遊びに行ってきました。
自家用車で行ったのですが、連休の最終日ということで渋滞も覚悟していましたが、そんなことも全くなく、あっという間に到着。


c0059521_1656395.jpgこれは、フルーツフラワーパークのホテル棟です。お泊りもできます。一度だけ泊まりましたが、なかなか快適でしたよ。といっても、リゾートホテルではなくて、ビジネスホテルの少し上等と言った感じのホテルですが。。。
色は少し薄いけど、雰囲気がHTBジェイアール全日空ホテルに似ていませんか??


c0059521_16571552.jpg温室の前にあった、ローズマリー。何で、これを撮ってきたかと言うと、ローズマリーという、韓国ドラマが凄くよかったから。
ユ・ホジュンの迫真の演技に涙がウルウルでした。
家内と二人でかぶりつきで見た、いいドラマ。悲しい結末ですが。。。

c0059521_16573665.jpgそして、温室にあった、"医者いらず"。名前が面白かったので撮ってきました。アロエの仲間だそうです。確かに、アロエって、何でも効きそう。。

c0059521_1657561.jpg実りの秋ということで、果実も一杯実っていました。梨と葡萄は、入園料を払ったら、中で食べる分については食べ放題。ちなみに葡萄は大人一人1000円でした。
なしは豊水(ほうすい)。一杯なっていましたよ。こちらは、入らずに外から眺めただけです。
c0059521_16581092.jpgそして、ぶどう。真っ黒に見えますが、ピオーネです。1000円払って、入りました。
はさみも貸してくれます。一杯なっていました。思いっきり食べましたが、本当においしかった。
ぶどう狩りというと、中腰で腰に悪いという記憶があったのですがここのぶどう狩りはかろうじて腰は伸ばせます。
c0059521_16582459.jpgふと葡萄の木の根元を見ると、これは、接木(つぎき)がしてありますね。ヨーロッパのワインを作る葡萄と同じ。ワインの葡萄の場合は、フィロキセアという害虫に、抵抗力を持ったアメリカの葡萄の木に、ヨーロッパの品種を接木しているようですが、ピオーネも、何か理由があるんでしょうね。
c0059521_16583844.jpg道沿いのプレハブの前には柿の木もあり、実がなっていました。芋ほり(さつまいも)もありましたよ。今日はしなかったけど、3つで600円でした。
c0059521_16585361.jpg散々葡萄を食べた後で、お昼ご飯。いつもは、バーベキューを食べるのですが、昨日が昨日だったこともあり、とてもバーベキューを食べる気分にはなれず、ホテルのレストランで食べました。
チーズハンバーグ。ハンバーグの下の緑色のは、パスタです。おいしかったよ。
c0059521_16591127.jpgそして、最後は、庭に咲き誇っているお花を見てかえって来ました。昨日、カメラの本を見ていて、背景をぼかす撮り方というのが書いてあったので、テクニックに走って、とって見ました。構図はともかく、背景はぼけていますね。。。
c0059521_16593264.jpgラベンダーだと思ったら、しその仲間。
サルビア・ファリナセアという、お花だそうです。
c0059521_16595257.jpgこれは、いわずとしれたハイビスカスですね。


 思いついて行った、フルーツフラワーパークでしたが、結構楽しめました。






[PR]
by dfamb400 | 2005-09-19 16:59 | 日常

9月18日 ランチ with ペリエ・ジュエ ベル・エポック ブラン・ド・ブラン ’99


きょうは、家族でランチ。
先日、買った"ペリエ・ジュエ ベル・エポック ブラン・ド・ブラン ’99"を開ける日です。このシャンパンは、持込をするということで、あらかじめお願いしておいて、シャンパン自体は先週レストランの方に届けておきました。
いつもは、1階ロビーからホテルに入るのですが、今日は、六甲ライナーを使って、六甲アイランドに入ったので、2階ロビーから入りました。

c0059521_19314460.jpg六甲ライナーアイランドセンター駅から、連絡通路を通って直接入ることができます。

c0059521_19321584.jpg
これが、レストランからの神戸の街並みの眺め。
左側が六甲山系ですが、右側にぽこっと見えるお山が、甲山(かぶとやま)です。
c0059521_19435354.jpgこれが、ペリエ・ジュエ ベル・エポック ブラン・ド・ブラン ’99です。
このシャンパンを開けるのはかなり楽しみにしていました。
ソムリエの方が開けると、全く音がしない。さすがプロですね。。。
泡は細かくて、味は、本当に淡白な印象を受けました。特にヴーヴクリコなどと比べると、本当にあっさりしています。

c0059521_21374076.jpg

c0059521_21174264.jpg

ガレのデザインのビンは、本当に美しい。グラスも、ベル・エポックのグラスを用意してくれていました。

ソムリエの方のお話によると、ベル・エポックというシャンパン自身が、もともと線の細い印象を受けるシャンパンだそうです。

c0059521_19432597.jpgこれは、アペリティフ。
サーモンで蟹肉を包んでありました。周りに散らしてあるのはいくらです。
上に乗っているのはイタリアンパセリ。

c0059521_19445428.jpgこれは、少しわかりにくいのですが、カリフラワーをペースト状に伸ばしたスープ。
うにとあわび・かにが入っています。
軽くオリーブオイルがかかっていました。
本当にあっさりしておいしいスープでした。
c0059521_1944429.jpgこれは、魚料理。帆立貝貝柱の上に乗っているのは、3時間オーヴンで焼いたトマト。
その下のスープですが、海藻やなにやら一杯入っているらしい。
潮の香りで一杯。

c0059521_19442319.jpgこれは、お決まりのパンケーキですね。
前回いただいたときには、シェフの方が、少し火を入れすぎました。。。と謝っておられた意味がわかりました。
今回頂いたのは本当に中身がとろとろ。ナイフをいれたとたんに中からジワーーーと中身が出てきます。
c0059521_19443957.jpgこれがメインです。
 地鶏を揚げたものに、パイナップルソースをかけたものです。小さく見えているのは、コーンではなくて、パイナップルを細かくサイコロ状にしたものです。
それと、松茸ですね。シーズンですから。。
c0059521_19461564.jpg砂糖つぼ。
c0059521_19455812.jpgデザートです。マンゴーのシャーベット。おいしかったです。
下の白いのが、ココナッツの香りがしておいしかった。。
家内の一押し!!

c0059521_19463966.jpgそして、コーヒー。

 全部食べ終わったら、3時半近くでした。12時から食べ始めたのにね。
今日は、団体さんの予約が入っていたということで、いつもはラウンジとして使われているテーブルで食事を頂きました。
 厨房への出入り口がすぐ横にあります。自動ドアでした。あれは便利ですね。
両手が一杯でも大丈夫。

もちろん、スティルワインも飲みましたよ。

Corton-Charlemagne 2000, Louis Latour
いつもながら感激しました。本当においしい。グラスについで頂いただけで、華やかな香りが漂います。バターと言うのかな?バニラの香りもしましたが、それほど甘い香りはしなかったです。

Clos de la Roche 2002, Ponsot
これは、本当においしかった。色は2002年と思えないほど、黒っぽいルビー色。
これが "rubis bleu-noir"青黒いルビー色 なのか。。。
ただね、、、
食事が多くてお腹が一杯であまり飲めなかったのが残念。。
【追記】
何とこのワイン、 Vielles Vignes でした。やっぱり、幼児虐待だったかも。。。







[PR]
by dfamb400 | 2005-09-18 19:47 | ワイン


ハウステンボス、すばらしいところです。是非一度はいらしてください。


by dfamb400

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

お気に入りブログ

■ハウステンボス&毎日が...
Happy Hour
ハウステンボス飲食店がい...
Still
ありがちな黒猫日記
my sweet day...
おいしい~Photo D...
J.S.A関西支部幹事達...
casa familia...
超お気楽ワインラヴァーの...
我が家のにゃんこ
美味しいwineを求めて
wine party
ハウステンボスに咲く花
ハウステンボス行きたいな
Les Couleurs...
夢に向かって

【お気に入り】

二番手捕手のつれづれ野球日記
長男のHP

あんち・クールビズ
次男のブログ

ハウステンボスーオフィシャルwebsiteへようこそ
HTB オフィシャルホームページ

Always Smile
伊達公子オフィシャルブログ

Ca sento です。
Ca sento のブログ


長崎新聞
長崎新聞

西日本新聞
西日本新聞

chibaのHTB旅行記
chibapeanutsさんのブログ

素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え
mattariさんのブログ

on my way home
sayuriさんのブログ


徒然ハウステンボス草紙
daydreamerさんのブログ

ちこがこのお散歩日記
ちこがこさんのブログ


ハウステンボスって、ええやんか!
SENRIさんのブログ

わらうかどには♪きたる
にょろさんのブログ


ハウステンボス紀行
ボヘミアンさんのブログ

おいしい楽しいハウステンボス
Guraさんのブログ

ハウステンボス雑感
mattariさんのHTB


なんちゃってセレブのハウステンボス日記
てんの妻さんのブログ

ハウステンボスにいってきました!!
urourositeruyo99さんのブログ

HALIcinatory Days
ハウステンボススタッフによるブログ

Suitable Life
toyさんによるブログ

いろんなこと
マーチさんによるブログ

とりあえず。
せつこさんによるブログ

くまさんの自立
くまさんのブログ


マッキーの雑記帳
マッキーさんによるブログ

瀬戸際の暇人
びょりさんのブログ

ぼくときみ
HTB元スタッフの方のブログ

みー&まーのポチポチ日記
みーさんのブログ

一竿風月
Stillさんのブログ

ワインの時間
まさぞうさんのブログ

Flower Gaeden Blog
nozomiさんのブログ

Sweets♪yukarin
yukarinさんのブログ

ワインショップいいぬま

ソムリエは見た

ワインの扉


ソムリエとサクソフォーン
ソムリエさんのブログ

ワインショップいいぬま
ゆきおさんのショップ

アル中生活のすすめ
PICARLEさんのブログ

ワイングロッサリードットコム





カマッチョママのワインエキスパートチャレンジ日記
カマッチョママさんのブログ

カッパのワイン&映画!!
Mr.Mさんのブログ


kamaccho・mama 日々の暮らしに感謝して
カマッチョママさんのHP


●ワインとピアノのある部屋
Georges さんのブログ

Georgesのワイン選び
Georges さんのブログ



食べるために生きているかも?日記
WG西村さんの日記

まさきこ ドットコム
WG西村さんのHP

Wine Grocery
四条堀川のワインショップ

Diary
MoetさんのDiary

フランス料理ポータルサイト
シェフによるフランス料理の紹介

ワイン日記
日々のワインのことなど

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ハウステンボス大好き!!
ルーキーさんのHTB掲示板

ハウステンボスに詳しい方いますか?
 Yahoo HTB掲示板

女子十二楽坊ブログ
女子十二楽坊ブログ

「さくらんぼ」と私
ceriseさんのブログ


エキサイト・ザ・マンション
マイルーム

ナース同盟

腹黒日記
キノさんの日記

ガーコのやさぐれ日記
キノさんのお姉さんの日記

Callin' you


**サオンヌのマダーム♪な長崎**
サオンヌさんのブログ

Salon de Satomi
管理栄養士☆聡美のサロンへようこそ!

ふゆこの平凡な一日
ふゆこさんのブログ

ハニログ
rie_myさんのブログ


ADVstudent_group
ADV

韓国語イヤギ
oshieteさんのブログ


ふぉとかふぇ
写真

不思議と幸せが舞い降りてくる。
OhashiさんのHP


韓国ドラマNavi


ドラマ韓


さとう珠緒のお暇なら見てよね。
さとう珠緒のブログ

食べログ.com
レストラン・おとりよせ(お取り寄せ)のクチコミ満載、グルメのクチコミサイト

eRobertParker.com
R.Parkerのホームページ

はな*にわ

ハウステンボス大好き!

海に浮かぶ王国
creromaさんのブログ



以前の記事

2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
more...

最新のトラックバック

太陽光発電ソーラーシステム
from 太陽光発電ソーラーシステム
カクテルの創作方法
from カクテルの創作方法
太陽光発電ソーラーシステ..
from 太陽光発電ソーラーシステム情報
ホテル ラ・スイート神戸..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
韓国ドラマ あらすじ
from 韓国ドラマ あらすじ
ワインについて
from ワインについて
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ホテルヨーロッパ(ハウス..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
軍艦島観光ツアー
from 軍艦島観光ツアー
結婚記念日 プレゼント
from 結婚記念日 プレゼント ディナー

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

九州
食べ歩き

画像一覧