<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

パレスハウステンボス #1

ハウステンボスの名前の由来となったパレスハウステンボスは、ハウステンボスの一番奥にあります。木々がこんもりと茂った中に建っており、外の喧騒をよそにゆっくりと時間が過ぎていきます。

c0059521_043233.jpgパレスハウステンボスを後庭側から。。

c0059521_055070.jpgこちらは同じくパレスハウステンボスのライトアップバージョン。なお、これは平成16年お正月のものです。

c0059521_061531.jpgこれは、パレスハウステンボス前庭のレンガ道。レンガを組み合わせてきれいな模様を作っています。レンガの間はコンクリートではなく、土で固めていますね。雨が地下にしみこむように工夫されています。ただし、ハイヒールでは歩きにくいかも。

c0059521_062894.jpgこれが、パレスハウステンボスに作られている側溝。これもやはりレンガを組み合わせて作っています。とても暖かい感じ。。


c0059521_06423.jpgこれは、パレスハウステンボスの壁。オランダのハウステンボス宮殿の壁を忠実に再現しています。レンガとレンガの隙間が数mm違うといって、途中まで作られていた壁を壊して再度作り直したそうです。


閑話休題
c0059521_10474145.jpgいよいよ今日は”第16回 華麗なる食の響宴”が、ホテルヨーロッパ「レンブラントホール」で開かれます。オーベルジュて何かわからない私が、とりあえず、参加してきます。感想などは又書かせていただきます。





[PR]
by dfamb400 | 2005-02-26 00:25

ハウステンボスの楽しみ方

  ハウステンボスは懐が広いので、いろいろな楽しみ方ができます。アミューズメント施設に入るもよし (言っておいていうのもなんですが、とっても期待してはだめです。)、 美術館に行くのもよし、お買い物もよし、食事やお酒を飲むのもよし。その中のひとつに園内の散歩があります。特に朝がきれいですが、そんな風景をいくつか紹介します。
まず、運河の風景から。。

c0059521_16431557.jpg運河をゆっくりと走るカナルクルーザー。向こうに見えるのはワッセナー。



c0059521_16444917.jpgどうですか?本当にめがねになっていますね。これを見たとき感激しました。



c0059521_1646690.jpg運河をゆったりと泳ぐ白鳥の親子。



c0059521_16465212.jpg羽づくろいをしている白鳥。



c0059521_16472824.jpgみにくいアヒルの子??



c0059521_1652360.jpg水辺で見つけたカニ。はさみが可愛い。


  こういう風景を探して歩くのも楽しいですよ。







[PR]
by dfamb400 | 2005-02-23 16:29 | ハウステンボス

ハウステンボスの紹介2



で、ハウステンボス全体像の2回目です。ニュ-スタッドからミュージアムスタッドへ渡る橋は。。特に、ミュージアムスタッド側がかなりの坂になっていて、こけそうに。。。道は石だし。。。自転車ならかなりスピードが出ますよ。

c0059521_7265644.jpgミュ-ジアムスタッドをぶらぶら歩くと、柿右衛門ギャラリー(きれいな陶器がいっぱい)・パンドラ(オルゴールを売っています。)等を横目に見て(別にまっすぐ見てもいいけど)正面にフィギュアヘッド(大きな船長さん?が入り口の所に立っていたような気が。)が見えたら右に曲がればそこがビネンスタッド

  一番にぎやかな(?)ゾーンです。橋の上に園内バスの停留所。夜になると、スタッドハウスがきれいにライトアップされます。小さな子供には大人気のキッズファクトリーも(私の小学校3年生の4男は朝からズーーーーーーートここから離れず、結局夕食まで、おりました。)そしてかの有名なタンテアニー(もともとおせんべい屋さんらしいですよ。)・グーテンアペティート(ハウステンボスホテルズのパンは全部こちらで焼いているそうです。)・ボヘミアンなどのお店。そしてミッフィールーム(部屋のいたるところがミッフィーのキャラクターでできている)を備えたホテルアムステルダム(すみません。それだけの知識しかありません。)。大きなシャンデリアがある、スタッドハウスなど、いろいろあります。ワ-ルドバザ-ルやアレキサンダ-広場ではいろいろなイベントが行われます。で、パサ-ジュでしばしば遭遇するのが、結婚式の新郎新婦さん。本当に幸せそう。自分まで幸せになります。家内にもう一度結婚式をしようと言って、いやがられました。
  お店で私が気に入っているのはボー・ベンディクセン コレクション(デンマークのイラストレーター。とてもきれいなTシャツや小物を売っています。)それと、今年、行って”あ、こんなのが出来たんだ”と感激した、トラベルマンコレクション(ハウステンボス=HTBのスタッフの方がデザインしたのがトラベルマンですよ)もチェックしてください。
  何を言っているのかわからないでしょ?お店がどこにあるかも。。このエリアはともかくお店やレストランやアミュズメントがたくさんあります。メリーゴーランドもあるんですよ。(カルーセルという。。。ただ、あまり大きいものを想像しないでください。そこはハウステンボスですから、あくまで可愛らしく??)
 店の名前や位置はわからなくても、園内に入るときにちょうどポケットに入るぐらいの小さなパンフレットをくれますので心配しないで。。


c0059521_853540.jpg
で、ここから人生の分かれ道(何のこっちゃ)。二つに分かれます。どちらに行っても後で合流できますが、1つはスパーケンブルグ(港町)へ行く道。(こちらには階段がないので、私はなんとなくこちらへ行ってしまいますが、、)そしてもうひとつはユトレヒトへ行く道です。


 ユトレヒトにはカナルクルーザー(運河を通って入出国口と結ぶ船)の船着場があり、ワールドレストラン街があります。そして忘れてはいけないのがドムトールン。これは、ハウステンボスを歩くときの目印。ニュースタッドあたりからはどこにいても大体見えます。(本当かな。。)
 
 スパーケンブルグは、花火がよく見えるオレンジ広場(ちなみにホテルアムステルダムからもよく見えるらしい。。。泊まったことがないもので。)、ホテルヨーロッパ、ランガダイク(オークションハウス)、ホテルデンハーグ(ここにはヴィノテークというワインバーがあります。ティークリッパーでアフターヌーンティーをするのもいいですね)、フォレストヴィラ(1戸1戸にコテージになっている宿泊施設)などがあります。海からハウステンボスに入国する際の玄関口になるマリンターミナルもここにあります。

 そして、ハウステンボスの一番の奥座敷が、パレスハウステンボス。オランダに実際にあり、オランダのベアトリックス女王陛下の住居を忠実に再現したものです。中にはハウステンボス美術館があります。そして壁画。。圧倒されますよ。

  空からのハウステンボスの写真を見てもらいましたが、気づきましたか?建物が全部本物でしょ?前だけあって、後ろがプレハブになっているような建物は全くなかったと思います。それに、エアコンの室外器が壁面にかかっているような風景もありません。

こういうところが大好きなんですよ。
     

[PR]
by dfamb400 | 2005-02-22 08:06 | ハウステンボス

ハウステンボスの紹介1

  ご存知のように、ハウステンボスは今、経営的に苦しい状況にあります。是非、是非、皆さんに来ていただいて応援してほしいと思います。環境に対する、ハウステンボスの考えは決して間違っていないと実感できます。

  あの2003年に経営破綻したときも、数え切れないほどの励ましのメールが全国から寄せられたそうです。すばらしいと思うのは、そのメール一つ一つにハウステンボスのスタッフの方がお返事を書かれています。中には、分厚い封筒でお礼の手紙を、スタッフから受け取った人もあると聞いています。自分の施設にそれだけ愛着を持って働いていらっしゃるということです。本当にうれしいことです。

  私がこのブログを始めたのは、何とか一人でもたくさんの方にこの地に来ていただいて、この地を好きになってほしいと思ったからです。みなさん一度ではこの地の良さは絶対にわかりません。私自身がそうでした。最低でも2泊3日、できれば3泊4日。それも、できれば園内ホテル(園外でもいいと思いますが、1泊は園内にしてほしい。朝、誰もいないところを散歩できるのは本当に気持ちのいいものです。)で、過ごしてみて下さい。



  前置きが長くなりましたが、細かいところをいろいろと説明する前にまず、ハウステンボスの全体像をつかんでもらいたいと思います。といっても、広い。開発総面積152ha。そこを全長6km、水量32万立方メートルの運河がゆったりと流れています。

ぶつぶつ言っていないで、まず入出国口から。。さてこの写真はどこから撮ったのでしょうか?今のハウステンボスではこの写真は撮れません。以前、ウインズ佐世保の隣で営業していたルフティから撮ったものです。


c0059521_20384965.jpg
ルフティは一回20分くらいかな、地面からまっすぐ上がって、そのまま降りてくる気球です。のんびりした、ハウステンボスの雰囲気にぴったりの施設でした。ただ、風の影響を受けやすく、しばしば運転休止に。待ち時間もかなり長いものでした。でも、乗れない今となってはもう一度乗ってみたいです。


c0059521_20473864.jpg
で、まずは入出国口。JRハウステンボス駅からは、ハウステンボスに、画面左上入出国口から入ってきます。入出国口を抜けると大きなテディベアを飾ったナイアンローデ城。そのまま自然に歩くとキンデルダイク。右手にチーズ農家・花畑のカフェを見、左手に風車を仰ぎながら、シティゲート・デルフトをくぐり、ニュースタッドへ。写真では左上から下へ抜けます。


c0059521_1104656.jpg
ニュースタッドには、チョコレートハウス・チーズワーフ等の飲食店やミステリアスエッシャーなどのアミューズメントがあります。マウリッツ広場で記念写真を。そして、二人で手をつなぎながら(いつから二人になったのか。。)、テーマリウムの前を右に折れて、クリスタル橋を渡ればそこはミュージアムスタッド。(スタッドは、”市”と言う意味のようです。)写真では手前の建物の間を、左から右へ抜けます。向こうにハウステンボスの別荘のワッセナーが見えます。



今日はここまで。もう、年末の旅行記はしばらくお休み。


[PR]
by dfamb400 | 2005-02-20 17:33 | ハウステンボス

ハウステンボスの位置

 三位一体というわけではありませんが、もともとの構想ではハウステンボスは、長崎オランダ村(西彼町)、ハウステンボス(佐世保市)、長崎バイオパーク(西彼町)の3つでひとつの施設でした。ハウステンボスを技術的に支えたのは池田武邦先生ですが、この方がおられなければ決してこれらの施設が完成しなかったという方がおられます。あの上柿元 勝 総料理長を神戸ポートピアホテル・アランシャペルからハウステンボスホテルズに招いた人です。

 それは、西彼町町役場出身で、元長崎オランダ村社長の神近 義邦さんです。2000年にハウステンボスが銀行の債権放棄を受けた(これも少し引っかかるのですが。。)時、第一線から引退されましたが、長崎オランダ村が、風車一つと小さなオランダの町の模型でスタートしたときから大きな夢を持って、それを実現された方です。今は一般人となっておられますので写真は載せませんが、見るからに元気そう(?)な方です。彼の”大村湾を日本の地中海にしたい”という想いがなければ、今のハウステンボスはありません。そもそも日本の西の端にこれだけの規模の施設を作る人はいないでしょう。



c0059521_17495044.jpg



彼の本の中に ”最初からプロはいない”という言葉があります。この言葉は私がとても好きな言葉です。”何でもやったことがないからといって、引いていてはいけない。やる必要があるのなら、前を向いて頑張りましょう。そうするとプロの仕事になってきます。”という意味です。
  本の知識しかありませんが、神近さん自身はお金をたくさん持っていたわけではなかったようです。ただ、自分の故郷である大村湾にみんなが来てくれる様な大きなリゾート施設を作りたいという想いが、周りの人たちを自然にひきつけたようです。オランダ村とハウステンボスは大村湾をはさんで反対側になります。そのような地形を逆手にとって、船で結ぶという大きな構想は彼でなければできなかったでしょう。結果的に彼の構想は(現時点では)実現していませんが、ハウステンボスは”千年の街” をうたい文句にしています。1000年後には彼の想いが実現していることを切に願います。


  最初の構想では、ハウステンボスは滞在型・永住型の施設です。将来的には入園料も無料にするような形です。日帰りの(通過型の)施設は、長崎オランダ村が担うはずでした。従って、ハウステンボスに日帰りもしくは1泊2日で行っても、初めての人はそのよさがわからないのは当たり前です。”ハウステンボスはリゾートです。テーマパークではありません。” という所以です。ハウステンボスでゆっくりして、船でオランダ村に渡り、そちらで遊ぶ。というのが本来の楽しみ方なんでしょうが、オランダ村のなくなってしまった今(復活しかけていますが。。ハウステンボスと又、結んでほしいです)、そうはいきませんね。

年末の旅行記は、もう少ししてから。。



[PR]
by dfamb400 | 2005-02-18 18:09 | ハウステンボス

針尾工業団地



針尾工業団地って知ってますか?実はハウステンボスの敷地そのものです。1969年から8年がかりで192億円のお金をかけて長崎県が造成したものです。ところが、工業用水の供給が不十分だったこと、オイルショックもあって、埋立地への工場誘致はまったく失敗してしまいました。


c0059521_18475531.jpg


この当時のこの土地は、捨て場のないヘドロや岩石で造成したもので、木も育たず、魚も寄り付かない荒れたままの状態で20年近く放置されていたそうです。この埋立地には雨もしみこまず、水溜りになり、一度乾燥するとひび割れを起こし、少し掘ると異臭の漂う汚水が出てくる土地でした。このすさんだ土壌を掘って、良土・堆肥・ビートモスに徹底的に入れ替え、数十万本の植林を行ってできたのが、現在のハウステンボスです。


c0059521_18485434.jpg


今は植林された木々も大きく育ち、本当に森の家 (Huis Ten Boschは森の家、house in the forestの意味です)になりました。

このようなすばらしい計画を進めたのが日本設計の池田武邦先生 です。先生は霞ヶ関ビル・新宿三井ビルなどそうそうたる高層ビルの設計を行った方です。ハウステンボスにはそこかしこに環境に対する配慮がなされています。それもぱっと見た限りではほとんど気がつかないような形で行われています。決して押し付けがましくなく、それでいて心地よい。いつも経済活動にばかり追われている私たちに自然の大切さをそれとなく教えてくれる場所です。又、そのあたりのことはおいおい書きますね。

ハウステンボスは今ある形を楽しむだけでも十分ですが、ハウステンボスの作られた背景を知ると、そのすばらしさが引き立ちます。おいおい、、年末の旅行の話は。。まあゆっくりしましょう。

[PR]
by dfamb400 | 2005-02-17 19:02 | ハウステンボス

ハウステンボス大好き!!

去年の12月31日から今年の1月2日までハウステンボスに帰国しました。カウントダウンは今年で3回目、ハウステンボスは7回目くらいかな。住んでいるところが神戸市だし、土曜日も午後1時まで仕事があるのでなかなか思うように帰ることができません。

私自身は神戸生まれの神戸育ちで、長崎県佐世保市は旅行先なのですが、何度かハウステンボスにお邪魔していると帰国という言葉がぴったりになってきます。

私が初めてハウステンボスに行ったのは、6年前のゴールデンウイーク。旅行好きの母に勧められて、”あそこは本当にいいから行っておいで。。”最初は半信半疑。1回目のハウステンボスは正直あまり面白いとは思わなかった。ただ、気づいたのは、何もかもきっちり作られているということ。

普通のテ-マパーク(ハウステンボスのテ-マはオランダではありませんよ。知っていましたか?形はオランダですが、江戸の町を模範にしているそうです。そしてテーマは”エコノミーとエコロジーの調和”)は、しばしばベニヤで上だけペンキを塗って後ろに回ると普通のプレハブのような建物ということがありますが、ここは違いました。すべてが本物。歩く道ひとつにしてもレンガを縦置きにして敷き詰めてあります。溝もレンガを少しずつずらして作っているんですよ。めっちゃ手間をかけているな。。という感じ。ただ、いわゆるアミューズメントで入る物があまり面白くないんです。だから、確かに落ち着いた感じだけどあまり面白くないな年を取ったら面白くなるのかな。。という感じでした。

それでもなんとなく気になって、次の次の年のゴールデンウイーク(次の年は子供の受験で行けませんでした。そしてゴールデンウイークかお正月しか行けないんですよ。)に行ってから完全に虜になりました。

とにかく落ち着くのです。何もしないことの喜び。周りに咲き乱れる花の数々。花からこぼれるかぐわしい香り。その香りをバックに目の前に広がる大村湾。これは日本のコートダジュールなんだと理解しました。

そんな私が少しでもハウステンボスの応援ができるようにできる範囲で紹介したいと思います。


c0059521_12185353.jpg
今回は、船での入国です。ご存知のように去年の大晦日はすごい雪でしたよね。天気が悪かったのです。伊丹空港から飛行機が飛ぶのが1時間近く遅れました。伊丹空港から長崎空港に。長崎空港に着陸した時点で予約していた高速艇(安田産業汽船 オーシャンライン)の出発時間の5分前。どうしようかと思ったら、高速艇が出発時間をずらしてくれていました。(たった10分だけだったけど。走りましたよ。。一生懸命。テニスコートの中よりも走ったかも知れない。)そしてそこから高速艇に。少し船は揺れました。


c0059521_12193667.jpg


スピードが上がるとあまり揺れない。最初はどうしようかと思ったけれど一安心。約50分でハウステンボス到着。高速艇がハウステンボスに近づいてくると、ハウステンボスの海の玄関 マリンターミナルのそばに立っているホテルデンハーグがどんどん近づいてきます。この喜びは海から入国する醍醐味ですね。



やがてハウステンボス到着。今回の旅はホテルヨーロッパ2泊(実はホテルヨーロッパ以外は泊まったことがありません。ホテルが心地よいのと、スタッフの方の顔を覚えてくると今さら別のホテルにしたくなくなるのです。)ホテル受付で入国の手続きをしました。
今日はここまで。また、書きます。


[PR]
by dfamb400 | 2005-02-16 19:32 | ハウステンボス


ハウステンボス、すばらしいところです。是非一度はいらしてください。


by dfamb400

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

ブログパーツ

お気に入りブログ

■ハウステンボス&毎日が...
Happy Hour
ハウステンボス飲食店がい...
Still
ありがちな黒猫日記
my sweet day...
おいしい~Photo D...
J.S.A関西支部幹事達...
casa familia...
超お気楽ワインラヴァーの...
我が家のにゃんこ
美味しいwineを求めて
wine party
ハウステンボスに咲く花
ハウステンボス行きたいな
Les Couleurs...
夢に向かって

【お気に入り】

二番手捕手のつれづれ野球日記
長男のHP

あんち・クールビズ
次男のブログ

ハウステンボスーオフィシャルwebsiteへようこそ
HTB オフィシャルホームページ

Always Smile
伊達公子オフィシャルブログ

Ca sento です。
Ca sento のブログ


長崎新聞
長崎新聞

西日本新聞
西日本新聞

chibaのHTB旅行記
chibapeanutsさんのブログ

素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え
mattariさんのブログ

on my way home
sayuriさんのブログ


徒然ハウステンボス草紙
daydreamerさんのブログ

ちこがこのお散歩日記
ちこがこさんのブログ


ハウステンボスって、ええやんか!
SENRIさんのブログ

わらうかどには♪きたる
にょろさんのブログ


ハウステンボス紀行
ボヘミアンさんのブログ

おいしい楽しいハウステンボス
Guraさんのブログ

ハウステンボス雑感
mattariさんのHTB


なんちゃってセレブのハウステンボス日記
てんの妻さんのブログ

ハウステンボスにいってきました!!
urourositeruyo99さんのブログ

HALIcinatory Days
ハウステンボススタッフによるブログ

Suitable Life
toyさんによるブログ

いろんなこと
マーチさんによるブログ

とりあえず。
せつこさんによるブログ

くまさんの自立
くまさんのブログ


マッキーの雑記帳
マッキーさんによるブログ

瀬戸際の暇人
びょりさんのブログ

ぼくときみ
HTB元スタッフの方のブログ

みー&まーのポチポチ日記
みーさんのブログ

一竿風月
Stillさんのブログ

ワインの時間
まさぞうさんのブログ

Flower Gaeden Blog
nozomiさんのブログ

Sweets♪yukarin
yukarinさんのブログ

ワインショップいいぬま

ソムリエは見た

ワインの扉


ソムリエとサクソフォーン
ソムリエさんのブログ

ワインショップいいぬま
ゆきおさんのショップ

アル中生活のすすめ
PICARLEさんのブログ

ワイングロッサリードットコム





カマッチョママのワインエキスパートチャレンジ日記
カマッチョママさんのブログ

カッパのワイン&映画!!
Mr.Mさんのブログ


kamaccho・mama 日々の暮らしに感謝して
カマッチョママさんのHP


●ワインとピアノのある部屋
Georges さんのブログ

Georgesのワイン選び
Georges さんのブログ



食べるために生きているかも?日記
WG西村さんの日記

まさきこ ドットコム
WG西村さんのHP

Wine Grocery
四条堀川のワインショップ

Diary
MoetさんのDiary

フランス料理ポータルサイト
シェフによるフランス料理の紹介

ワイン日記
日々のワインのことなど

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ハウステンボス大好き!!
ルーキーさんのHTB掲示板

ハウステンボスに詳しい方いますか?
 Yahoo HTB掲示板

女子十二楽坊ブログ
女子十二楽坊ブログ

「さくらんぼ」と私
ceriseさんのブログ


エキサイト・ザ・マンション
マイルーム

ナース同盟

腹黒日記
キノさんの日記

ガーコのやさぐれ日記
キノさんのお姉さんの日記

Callin' you


**サオンヌのマダーム♪な長崎**
サオンヌさんのブログ

Salon de Satomi
管理栄養士☆聡美のサロンへようこそ!

ふゆこの平凡な一日
ふゆこさんのブログ

ハニログ
rie_myさんのブログ


ADVstudent_group
ADV

韓国語イヤギ
oshieteさんのブログ


ふぉとかふぇ
写真

不思議と幸せが舞い降りてくる。
OhashiさんのHP


韓国ドラマNavi


ドラマ韓


さとう珠緒のお暇なら見てよね。
さとう珠緒のブログ

食べログ.com
レストラン・おとりよせ(お取り寄せ)のクチコミ満載、グルメのクチコミサイト

eRobertParker.com
R.Parkerのホームページ

はな*にわ

ハウステンボス大好き!

海に浮かぶ王国
creromaさんのブログ



以前の記事

2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
more...

最新のトラックバック

太陽光発電ソーラーシステム
from 太陽光発電ソーラーシステム
カクテルの創作方法
from カクテルの創作方法
太陽光発電ソーラーシステ..
from 太陽光発電ソーラーシステム情報
ホテル ラ・スイート神戸..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
韓国ドラマ あらすじ
from 韓国ドラマ あらすじ
ワインについて
from ワインについて
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..
ホテルヨーロッパ(ハウス..
from 高級ホテル宿泊記リンク集
軍艦島観光ツアー
from 軍艦島観光ツアー
結婚記念日 プレゼント
from 結婚記念日 プレゼント ディナー

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

九州
食べ歩き

画像一覧